ファイル暗号化・ロックツール4選

仕事の大事なデータやプライベートな情報が入ったデータなど他の人に見られたくないデータには、ファイル暗号化・ロックツールがお勧めです。パソコン上のファイルやフォルダーを、暗号化してパスワードを設定したり、ロック(閲覧不可)したり、保護(上書き保存・削除不可)したりできます。そこで今回は、外付けメディアにも対応したファイルロックツール、ドラッグ&ドロップ操作で簡単にファイルを暗号化できるファイル暗号化ソフト3つをご紹介します。是非参考に、ご活用ください。

アタッシェケース

シンプルで使いやすい高性能なファイル暗号化ソフト

アタッシェケース

アタッシェケースとは、『HiBARA Software』が提供する、Windows OSに対応した無料のファイル暗号化ソフトです。世界標準である暗号アルゴリズムを採用し、ドラッグ&ドロップするだけで解読されない強力な暗号化ファイルを作成できます。また、暗号化で「実行形式出力(exeファイル)」にチェックを入れておくと、アタッシェケースをインストールしていない環境でも復号化が可能です。さらに、暗号化ファイルの拡張子を偽装することやパスワードに任意のファイルを利用することもできます。

詳しくは、【「アタッシェケース」ファイル・フォルダを暗号化】

Renee File Protector

外付けメディアにも対応したファイルロックソフト

Renee File Protector

Renee File Protectorとは、『Rene.E Laboratory』が提供する、Windows OSに対応したファイルロックソフトで、パスワード設定が「123456」だけなら無料で利用できます。ファイル・フォルダ・ドライブを隠したり、ロック(閲覧不可)したり、保護(上書き保存・削除不可)したりできます。また、外付けHDD(ハードディスク)やUSBメモリなど外付けメディアにも対応しています。さらに、ファイルやフォルダの暗号化や安全削除(復元不可能な完全削除)もできます。

詳しくは、【処理が高速な「Renee File Protector」※ファイルロックソフト】

FileCapsule Deluxe Portable

共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式でファイルを暗号化

FileCapsule Deluxe Portable

FileCapsule Deluxe Portableとは、『SPIRIT (Tomoki Fuke)』が提供する、Windows・Mac・iOS・Androidに対応した無料の暗号化ソフトです。インストール不要で、共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の2つの暗号方式でファイルやフォルダーを暗号化できます。また、共通鍵暗号では自己復号形式での出力も可能です。さらに、公開鍵暗号方式では暗号化ファイルを復号する秘密鍵にパスワードを設定できます。導入方法や使い方など詳しくは下記ページをご覧下さい。

詳しくは、【「FileCapsule Deluxe Portable」2方式に対応した暗号化ソフト】

セキュリティ・ウェアハウス-mini

シンプルで使いやすい、「AES」を採用した強力な暗号化ソフト

セキュリティ・ウェアハウス-mini

セキュリティ・ウェアハウス-miniとは、『株式会社スカイネクサス(sky-nexus Inc.)』が提供する、Windows OSに対応した無料の暗号化ソフトです。シンプルなインターフェイスで簡単な操作により、ファイルやフォルダーを暗号化できます。暗号化時には自動でファイルを圧縮します。また、処理後に元データ(暗号化の場合は元のファイル・復号化の場合は暗号化ファイル)を復元困難に削除することも可能です。さらに、パスワード入力時にはそのパスワードの安全性が表示されます。

詳しくは、【「セキュリティ・ウェアハウス-mini」シンプルな暗号化ソフト】

投稿日:

Copyright© FreesoftConcierge , 2020 All Rights Reserved.