ブラウザが重い時の対処法7選

長期間使う内にWebブラウザが重くなり、起動やウェブ表示の速度が遅いと感じていませんか?「いつまで経っても読み込まれない」「操作が重い」とストレスを感じている人は少なくないはずです。原因はたくさんの可能性が考えられます。本記事では、初心者でも簡単な作業で動作環境を改善でき、ブラウザを高速で読み込む方法をまとめました。「Google Chrome」「safari」「Microsoft Edge」「Opera」「Firefox」「Internet explorer」これら全6種類のブラウザ(ソフトウェア)環境を最適にする記事をご紹介しますので、利用しているブラウザを確認して是非ご活用下さい。各紹介ページでは、いくつかの解決策を重要な順に一覧で紹介していますので、上から順に試してみて下さい。

「Microsoft Edge」遅い、重いと感じた時の対処法

microsoft

Internet explorerの後継版であるMicrosoft Edgeは動作が軽く安全性が高いのが特徴ですが、長年使用しているとブラウザが重くなり、起動やウェブページの表示が遅くなってしまいます。ブラウザを軽くするために、キャッシュや閲覧データなどのジャンクファイル削除方法や、重くなったり遅くなったりする原因である「拡張機能の増加」「GPU設定の見直し」「パソコン自体のウイルス感染」「リセット・修復手順」などの操作手順をご紹介します。「Microsoft Edgeが最近重いな」と感じたら、下記のリンクから高速化できる方法を試してみてください。

「Microsoft Edge」紹介ページ

詳しくは「Edge動作原因対処法:重い、遅い?と感じた時」

「Google Chrome」遅い、重いと感じた時の対処法

google-chrome

高速ウェブブラウザとして人気の高いGoogleが提供するGoogle Chromeですが、定期的にブラウザの環境を整理しないと動作が重くなってしまいます。Chromeブラウザを軽くするために、「メモリ使用量のチェック(不要なタブを閉じる)方法」「キャッシュや閲覧データなどのジャンクファイル削除」「有効になっている不要な拡張機能の整理(無効)」「ブックマークの整理」「プロキシ設定の見直し」の操作手順などをご紹介します。初心者でもわかりやすく、簡単にブラウザが整理できる方法なので、「Google Chromeのブラウザ環境を整理したい」と考えている人は、是非試してみてください。

「Google Chrome」紹介ページ

詳しくは「Chromeが遅い、重い?と感じた時の対処方法を簡単説明」

「safari」遅い、重いと感じた時の対処法

safari

Mac・iOS(iPhoneなど)に標準搭載されているブラウザのsafariですが、バージョンアップを定期的に行っていても、手動でブラウザの整理をしないとやはり重くなってしまいます。safariブラウザを軽くするために、「一時ファイルの削除」「検索候補の無効化」「拡張機能の無効化」「再起動」「セキュリティソフトとの関連」など、動作が重くなる原因や解決するための操作手順などをご紹介します。「safariが激重…」と感じている人は、下記のリンクから高速化できる方法を是非試してみてください。

「safari」紹介ページ

詳しくは「safari(サファリ)が重い、遅いとストレスを感じた時の対処法」

「Firefox」遅い、重いと感じた時の対処法

firefox

Firefoxはオープンソースのウェブブラウザとして人気があり、豊富にある拡張機能(アドオン)の選択・追加や高速で安全なブラウザが特徴です。シンプルで使いやすいブラウザですが、長く使用していると、やはり動作が重くなってしまいます。Firefoxブラウザの動作を軽くするために、「バージョン更新」「再起動」「データの削除」「拡張機能の整理」「ビデオドライバーの更新」「表示タブの減少」「ホームページの変更」「ウイルスの関係」など、問題の原因や原因を解決するための操作手順ををご紹介します。

「Firefox」紹介ページ

詳しくは「Firefoxが遅い、重いと感じた時の対処の方法」

「Internet explorer」遅い、重いと感じた時の対処法

browser

Windowsの標準搭載ブラウザとされていたInternet explorerですが、Windows10よりMicrosoft Edgeが標準搭載になりました。しかし今もなお、Windows10にInternet explorerは搭載されており、ブラウザは自動でアップデートして最新版を維持しています。長年Internet explorerを愛用していると、やはり動作環境は重くなってしまうので、IEを高速化するために、「拡張機能の整理」「ジャンクファイルの削除」「閲覧履歴・保存日数の変更」「タブ機能設定の変更」「リセット方法」「プロキシ設定の変更」「GPUの無効化」「ネットワークドライバの更新」「セキュリティ設定の変更」などの操作手順をご紹介します。「使い慣れたInternet explorerが重くなってきた…」と感じている人は下記のリンクから高速化できる方法を試してみてください。

「Internet explorer」紹介ページ

詳しくは「Internet explorer対処法:ieが遅い、重いと感じた時」

「Opera」遅い、重いと感じた時の対処法

Opera

使いやすいインターフェースで、立ち上がりの速さと設定の自由度の高さが特徴的なOperaですが、使用していく内に読み込み時間が長くなってしまいます。Operaブラウザを軽くするために、「VPSの解除」「キャッシュ・cookieなどのジャンクファイル削除」「広告ブロック」「アプリの更新」「拡張機能の整理」など、ブラウザが重くなる原因や解決するための操作手順をご紹介します。「使用初期のような高速なOperaを取り戻したい」とお考えの人は、是非試してみてください。

「Opera」紹介ページ

詳しくは「Operaが重い、遅いと感じた時の対処法」

「Microsoft Edge」新ブラウザの使い方

Microsoft

Microsoft EdgeはWindows10から標準搭載されており、日々シェアを拡大している人気のあるブラウザです。「パソコンに入っているけど、どんな機能があるか、まだよく知らない」「便利な機能はあるの?」という人に、使い方や数ある機能をご紹介します。ウェブページに手書き入力ができる「webノート」、読みやすく表示できる「読み取りビュー」、お気に入りや履歴管理ができる「ハブ」などの使い方をわかりやすく説明している記事があるので、まだ機能を試してない人は下記のリンクをご覧ください。

「Microsoft Edge(使い方)」紹介ページ

詳しくは「新ブラウザ Microsoft Edge Window10」

更新日:

Copyright© FreesoftConcierge , 2020 All Rights Reserved.