「Windows Live メール」のダウンロード方法

更新日:

 
Windows Live メール
Windows Live メール

Windows Live メールは、マイクロソフト社が提供している無料のメールソフトです。マルチアカウントに対応しています。 基本的な機能はもちろんのこと、複数のアカウントを管理することが可能です。GmailやHotmailなどのウェブメールの管理にも対応しています。Windows Essentialsというスターターパックに入っているものですが、その中からメール単独でもダウンロードは可能です。
●ご注意 マイクロソフト社では、Windows Vista以前のOSについては、Windows Essentialsのサービスは終了しています。 ミラーサイトで《Windows Essentials2012》や《Windows Live メール》のダウンロードページはあるのですが、正規なソフトではなく、 必要のないソフトのダウンロードも促されるような仕組みなどになっているサイトもありますので、ミラーサイトでのダウンロードは推奨しません。対応しているOSは、Windows7・8です。 OSが対応していないとダウンロードできませんのでご注意ください。
 

Windows Live メール:セットアップ

Windows Live メールをパソコンに導入(インストール)するために、初めにセットアップを行います。
1. マイクロソフトのサイト内、Windows Essentialsのページにアクセスします。
画面に書かれている【今すぐダウンロード】をクリックします。

※ここではデスクトップに保存します。

URL : http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials-other#essentials=overviewother
Windows Live メール

windows live メール:インストール

1. デスクトップに保存した実行ファイル【wlsetup-web】をクリックします。
Windows Live メール

↓Windows Essentials2012が起動します。
Windows Live メール

2. インストールするプログラムの選択をします。ここではメール単独でダウンロードします。  【インストールする製品の選択】をクリックします。
Windows Live メール

3. インストールするプログラムの詳細な選択をします。《メール》だけにチェックを入れ【インストール】をクリックします。
Windows Live メール

↓インストールが開始されますので、暫くお待ちください。
Windows Live メール

4. インストールが正常に完了すると、【完了しました】と表示されます。 【閉じる】をクリックしてウィザードを閉じてください。
Windows Live メール

※Windows Live メールが正常にパソコンにインストールされたら、 実行ファイル【wlsetup-web】は削除しても構いません。

 

「Windows Live メール」は2017年1月10日に、サポートを終了しました。セキュリティの脆弱性やプログラムの不具合に対する修正プログラムが提供されないので、他のメールソフトへの移行をお勧めします。

windows live メール:Outlookへ移行方法

Outlookはマイクロソフトが提供するMicrosoft Officeに搭載されているメーラーです。Microsoft Office搭載のパソコンをお使いの場合は、既にインストールされています。初めて起動する場合は、メールアカウントの設定が必要です。

1.メールアカウントの設定

以下の手順でメールアカウントを設定します。

  1. Outlookを起動し、メールアドレスを入力して「接続」をクリックします。
  2. パスワードを入力して「資格情報を記憶する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
  3. 「Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックを外して、「OK」をクリックします。

メールアカウントの設定

2.送受信データの移行

以下の手順で送受信データを移行します。

  1. Windows Live メールで「ファイル」→「電子メールのエクスポート」→「電子メールメッセージ」をクリックします。
  2. 「Microsoft Exchange」をクリックして選択して「次へ」をクリックします。
  3. 「OK」をクリックして「すべてのフォルダー」または「選択されたフォルダー」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
  4. 最後に「完了」をクリックします。

送受信データの移行

3.連絡先のエクスポート

以下の手順で連絡先をエクスポートします。

  1. Windows Live メールで画面左側のメニューから「アドレス帳」をクリックします。
  2. リボンの「エクスポート」→「カンマ区切り(.CSV)」をクリックします。
  3. 保存先とファイル名を指定して「次へ」をクリックします。
  4. エクスポートするフィールドで「名」「姓」にチェックが入っていることを確認して「完了」をクリックします。

連絡先のエクスポート

4.連絡先のインポート

以下の手順で連絡先をインポートします。

  1. Outlookで「ファイル」→「開く/エクスポート」→「インポート/エクスポート」をクリックします。
  2. 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」をクリックして選択して「次へ」をクリックします。
  3. 「テキストファイル(カンマ区切り)」をクリックして「次へ」をクリックします。
  4. 「参照」をクリックしてエクスポートした連絡先のCSVファイルを指定して「次へ」をクリックします。
  5. 「連絡先」をクリックして「次へ」をクリックします。
  6. 最後に「完了」をクリックします。

連絡先のインポート

windows live メール:Outlook.comへの移行

Outlook.comはマイクロソフトが提供するWebメールで、ブラウザかWindows10に標準搭載されているメールアプリから利用します。Outlook.com(旧Hotmail)のアカウントをお持ちでない方は、作成して下さい。

1.アカウントの作成

下記URLにアクセスして「無料アカウントを作成」をクリックし、アカウントを作成します。

https://outlook.live.com/owa/

アカウントの作成

2.メールの同期

Outlook.comにサインインし、歯車アイコンをクリックして「Outlookのすべての設定を表示」をクリックします。次に、「設定」画面の「メール」の「メールを同期」をクリックし、「接続先アカウント」の「その他のメールアカウント」をクリックします。続けて、「アカウントを接続」画面の「表示名」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

メールの同期

3.Windows10メールアプリでの利用方法

Windows10メールアプリより、「アカウント」→「+アカウントの追加」をクリックし、「アカウントの追加」画面で「Outlook.com」をクリックします。次に、メールアドレスを入力して「次へ」をクリックし、パスワードを入力して「サインイン」をクリックします。最後に、「完了」をクリックします。

Windows10メールアプリでの利用方法

マイクロソフト以外のメーラー

マイクロソフト以外で、人気で使いやすいメーラーをご紹介します。

1.Thunderbird

高速ブラウザ『Firefox』でおなじみの『Mozilla』が提供するメーラーになります。メッセージの高速全文検索やタブ表示、簡単設定で自由にカスタマイズすることができます。

移行手順:https://www.kitakansai.jp/support/mail-setup/thunderbird-migration/

公式サイト:https://www.thunderbird.net/ja/

Thunderbird

2.Gmail

Googleが提供するメーラーになります。

移行手順:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1802/02/news028.html

公式サイト:https://www.google.com/intl/ja/gmail/about/

Gmail

windows live:移行はお早めに!

サポート終了に伴う、他のメーラーへの移行方法について紹介しました。同じメーカーでは、マイクロソフトが提供する、Outlook(ソフト)とOutlook.com(Webサービス)、他のメーカーでは、ThunderbirdやGmailがあります。お使いの環境に合わせてお選び下さい。

メーラーは多くの個人情報を扱いますので、お早めに移行することをお勧めします。

投稿者:

-メールソフト
-, , ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.