Freesoft-Concierge.comはソフト・動画の作り方などの操作方法情報を毎月更新。今すぐ検索を!

「ISL Online」安心かつ簡単なリモートアクセスツール

更新日:

ISL Online,リモート接続,フリーソフト


ISL Online,リモート接続,フリーソフト

ISL Onlineとは、『株式会社オーシャンブリッジ(OceanBridge Inc.)』が提供する、リモートアクセスツールです。Web上で専用モジュールを使って、パソコン・タブレット・スマートフォン(スマホ)から離れた場所にあるパソコンをリモートコントロールすることができます。また、専用のアプリケーションで自宅や外出先から会社のパソコンにリモート接続も可能です。さらに、最大10台(1ライセンスにつき)のパソコンでWEB会議を開催することもできます。
※本ツールはクラウド方式とオンプレミス方式があります。
※本記事ではクラウド方式(体験版)の導入方法と使い方をご紹介します。
※体験版はクラウド方式が15日間、オンプレミス方式が30日間無料で試用できます。

ISL Onlineのアクセス先

下記URLより、公式サイトにアクセスすることができます。

https://www.islonline.jp/

公式サイト

ISL Onlineのアカウント作成

本ツールの体験版を利用するには、ISL Onlineのアカウント作成が必要です。
※製品版の使用開始には体験版の登録が必要です。

1.体験版の申し込み

公式サイトで右上にある「体験版お申込み」をクリックします。

体験版の申し込み

2.メールアドレスの登録

「体験版お申込み」ページでメールアドレス・パスワードを入力し、「サービス利用規約に同意」にチェックを入れて「登録」をクリックします。

メールアドレスの登録

3.アカウントの認証

登録したメールアドレス宛に届いたメールで「アカウントを認証」をクリックします。

アカウントの認証

4.ユーザー情報の登録

登録ページで「契約状況」に「新規」を選択し、「会社名」「氏名」「電話番号」を入力して「登録」をクリックします。

ユーザー情報の登録

以上で、アカウント登録が完了し、オンラインページにログインされます。

ISL Onlineの使い方:ワンタイム接続

本ツールは、専用の接続モジュールで簡単にリモートコントロールができます。

1.モジュールのダウンロード

公式サイトで右上にある「オペレーター用(接続元)」「クライアント用(接続先)」をクリックしてモジュールをダウンロードします。

モジュールのダウンロード

2.ログイン【接続元】

ダウンロードしたオペレーター用モジュール「ISL Light Desk.exe」を起動し、メールアドレス(またはユーザー名)・パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。すると、セッションコードが表示されるので、接続先に伝えて下さい。

ログイン【接続元】

3.セッションコードの入力【接続先】

ダウンロードしたクライアント用モジュール「ISL Light Client.exe」を起動し、セッションコードを入力して「接続」をクリックします。

セッションコードの入力【接続先】

4.セッションの開始【接続先】

モジュール画面で上部の「開始」をクリックし、ポップアップ画面で「見せる」をクリックします。

セッションの開始【接続先】

ISL Onlineの使い方:常駐接続

本ツールは、専用のアプリケーションで離れた場所のパソコンにリモート接続ができます。

1.接続先パソコンの設定

①「ISL AlwaysOn」のインストール

オンラインページにログインし、「常時接続」タブをクリックして「このコンピューターを追加」をクリックし、インストーラー「ISL AlwaysOn.exe」をダウンロードしてインストールします。

プログラム「ISL AlwaysOn」のインストール

②アクセスパスワードの設定

インストール後、「リモートアクセス許可」画面でパスワードを2回入力して「アクセス許可」をクリックします。

アクセスパスワードの設定

 

2.接続元パソコンでの接続操作

①「ISL Light」の起動

下記URLより、「ISL Light.exe」をダウンロードして実行し、「今すぐ起動する」をクリックします。なお、インストールして利用する場合は「インストールする」をクリックして下さい。

https://www.islonline.net/start/ISLLight

プログラム「ISL Light」の起動

②ログイン

「ログイン」画面でメールアドレス(またはユーザー名)・パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

ログイン

③接続先の選択

画面上部の「常駐」タブをクリックし、接続先のコンピューター名をクリックします。

接続先の選択

④アクセスパスワードの入力

パスワード入力画面で、接続先パソコンで設定したアクセスパスワードを入力して「接続」をクリックします。

アクセスパスワードの入力

ISL Onlineの使い方:Web会議

本ツールは、オンラインページからWeb会議・Webセミナーを作成し、専用のアプリケーションで開催できます。

1.Web会議の作成

オンラインページにログインし、「Web会議」タブをクリックして「新規Web会議の作成」をクリックします。なお、Webセミナーを開催する場合は「新規Webセミナーの作成」をクリックして下さい。

Web会議の作成

2.Web会議情報の入力

「新規Web会議の作成」ページで会議名(またはセミナー名)・開催日・詳細を入力して「作成」をクリックします。

Web会議情報の入力

3.招待メールの送信

「招待する」ページで送信先に参加者のメールアドレスを入力して「送信する」をクリックします。なお、即時開催する場合は「キャンセル」をクリックし、セッションコードまたは参加用URLは直接、参加者に伝えて下さい。

招待メールの送信

4.Web会議に参加

下記URLより、セッションコードを入力して「接続」をクリック(または参加用URLにアクセス)し、専用アプリケーション「ISL Groop (セッションコード).exe」をダウンロードして実行します。

https://islv6-alwayson.islonline.net/users/main/join.html

Web会議に参加

ISL Onlineのまとめ

安心かつ簡単なリモートアクセスツール「ISL Online」を紹介しました。まずはアカウントを作成して体験版を登録しましょう。登録後は、使う用途に合わせて専用のモジュールやアプリケーションをダウンロード・インストールして下さい。2回目以降は、ログインやセッションコード・アクセスパスワードを入力するだけで接続できます。特に、常時接続は家や外出先から会社のパソコンにアクセスできるのでテレワーク(在宅勤務)にも最適です。是非、体験版でお試し下さい。

提供元:https://www.oceanbridge.jp/
サポート:https://www.islonline.jp/help/
レビュー:https://www.islonline.jp/
利用規約:https://www.islonline.jp/license_agreement.html
購入:https://www.islonline.jp/purchase.html

投稿者:

-テレワーク, リモートアクセスツール

Copyright© FreesoftConcierge , 2021 All Rights Reserved.