「ToyViewer」画像を編集できるアプリ

更新日:

 
ToyViewer
ToyViewer

Macで手軽に画像編集したい!そんな方におすすめなのが、今回紹介する「ToyViewer」です。シンプルな操作で、サクサク編集していくことができます。この記事では、インストール方法から簡単な使い方を紹介していきます。

「ToyViewer」使い方

1 App Storeからインストール

https://itunes.apple.com/jp/app/toyviewer/id414298354?mt=12

このリンクから、インストールすることができます。

2 メニューバー

Macのメニューバー

「ToyViewer」を開くと上の画像のような、メニュバーが表示されます。

それぞれの主な機能を、紹介していきます。

3 編集する画像を開く

ファイルを開く

ファイルを選択して、編集したい画像を選んでいきましょう。

編集する画像

今回は、この猫の画像を使って様々な機能を説明していこうと思います。

4 画像操作

画像操作には、次のようなものがあります。

画像操作

  • クリッピング
  • 左右を反転
  • 上下を反転
  • 左に90˚回転
  • 右に90˚回転
  • 180˚回転
  • 回転
  • 拡大・縮小
  • ラスタライズ

画像操作にはこれらの機能があります。

例えは

クリッピングをしたいときは、

切り取り

左右に反転させたいときは、

反転

上下を反転させたいときは、

上下を反転

このように、簡単に操作することができます。

5 特殊効果

特殊効果には、次のようなものがあります。

特殊効果

  • 減色
  • ネガティブ
  • シャープ化・ぼかし
  • 輝度・モノクロ
  • 色バランス
  • 色彩強調
  • 色置換
  • 透明色
  • 周辺を伸張
  • フレーム
  • ノイズ・モザイク
  • エンボス
  • ポスタライズ
  • 輪郭線

特殊効果には、これらの機能があります。

例えは

これは、私がよく使うモザイクを入れる方法です。

最初に、モザイクを入れたい場所を選択します。

そのあとに、メニューバーの特殊効果からモザイクを選択し、強度を決めて「モザイク」をクリックしたら出来上がりです。

すごく、簡単ですね。

モザイク

6 フルスクリーン

続いては、フルスクリーンの紹介です。

フルスクリーン

  • フルスクリーンで表示
  • スタイル
  • 壁紙のテスト
  • 壁紙として設定

フルスクリーンには、これらの機能があります。

次の画像は、フルスクリーンで表示をしたものです。

壁紙用に設定したいときは、この機能で画像の大きさなどを確認することができます。

フルスクリーンで表示

7 ファイル形式

このアプリの特徴として、編集した画像を様々なファイル形式で保存することができます。

使用する用途に応じて編集した画像を使えるようにできるので、かなり便利な機能です。ファイル形式を選ぶ

  • TIFF
  • EPS
  • PDF
  • BMP
  • GIF
  • JPG
  • JPG2000
  • FBEG(BIE)
  • PNM
  • XBM
  • WBMP
  • PNG

と様々なファイル形式を、選択することができます。

「ToyViewer」のまとめ

私は、記事を書く時の画像編集はほどんどこの「ToyViewer」を使っています。かなりシンプルな操作でサクサク使えるので、ブログなどで多くの画像を使用する方などはぜひ使ってみてください。

投稿者:

-アプリ, 写真加工, 文書・画像・HP関連, 画像, 画像・写真, 画像編集
-, , ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.