「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

更新日:

 
リサイズ超簡単
リサイズ超簡単

最近では、デジカメで撮った写真をInstagramやTwitterに投稿する光景が多く見られるようになりました。ただ気になるのがアップする画像のサイズ。サイズが大きすぎて肝心な部分が見えなかった、なんてことはよくある話です。

そこで避けて通れないのが画像のリサイズです。でも写真を1枚ずつ開いて編集ソフトでリサイズって・・・かなり労力が必要ですよね。私なんかは5枚を超えると苦痛になってしまいます。

それなら超簡単に一括リサイズできるフリーソフトを使ってみるのはどうだろう?手作業よりも楽なの?と気になったので、「リサイズ超簡単!Pro」について検証してみることにしました。

リサイズ超簡単!Proダウンロード

ダウンロードは以下のサイトになります。

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se305420.html

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

リサイズ超簡単!Proインストール

「リサイズ超簡単!Pro」のダウンロードが終わるとEXE形式の自己解凍ファイルが実行されます。「次へ」をクリックして進みましょう。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

利用規約を読み、「次へ」をクリックしてください。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

コピー先フォルダの場所が表示されます。そのまま「次へ」をクリックします。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

インストールフォルダの作成について確認画面が出ます。「はい」をクリックしてください。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

実行元のファイルとインストール先のフォルダが表示されます。問題なければ「次へ」をクリックします。
※必要に応じて「デスクトップにショートカットを作成する」にチェックを入れておきましょう。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

最後に「完了」ボタンをクリックしてインストール終了になります。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

リスク・危険性について

あくまで検索結果ですが、ウイルスやスパム等が混入した等の報告は見つかりませんでした。「リサイズ超簡単!Pro」のインストールで既存のWindowsファイルを上書くことも無かったので、リスクや危険性は無さそうです。

OSのバージョンもWindows10/8/7/Vistaまで動作確認できているので、Windowsであればどのパソコンでも使えますね。

リサイズ超簡単!Pro使い方

ここからはソフトの基本的な使いかたを見ていきましょう。Windowsのデスクトップ、またはスタートメニューの中にある「リサイズ超簡単!Pro」を実行すると以下のような画面が表示されます。

画面にはそれぞれ[ステップ1]~[ステップ5]まで連番がついているので手順がわかりやすいですね。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

1.一括変改したいファイルを選択

始めに画像ファイルの選択を行います。個別にファイルを指定する場合は「ファイル選択」、フォルダ内全てのファイルを指定する場合は「フォルダ選択」から行います。

白枠部分に直接ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあるので、用途に応じて使い分けができます。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

2.保存先を確認&指定する

次に保存先の確認です。せっかく画像をリサイズしても、保存先がわからなくなると作り直しになってしまいますよね。初期値では「変換元フォルダに[Resize]フォルダを作成」になっているので、好みに応じて変更するとよいでしょう。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

3.サイズを一括指定

続いてサイズ指定を行います。画面右の[ステップ3]では画像のどの部分を優先したいのか選択することができます。例えば「長辺サイズ優先」の 1200を指定すると、縦横の比率は保たれたまま長辺部分が最大1200ピクセルに統一されてファイルが生成されます。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

4.ファイルサイズを軽くする

あと気をつけたいのが画像ファイルの容量。小さいサイズにするなら問題ありませんが、大量のファイルを大きいサイズに変更すると、一気にパソコンの容量を圧迫してしまいます。

そんな時には[ステップ4]の保存品質を調整してみましょう。指定するパーセントによって画質の綺麗さとサイズが変化します。目安としては綺麗さを保持できる80ぐらいがおすすめです。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

(変換前)

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

(80変換前後)

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

5.変換開始

[ステップ1]~[ステップ5]までが確認できたら、早速試してみましょう。「リサイズ開始」ボタンをクリックすると処理が始まり、最後に「リサイズが完了しました」とメッセージが出れば完了です。
※ファイル数によっては処理に数秒~十数秒ほどかかることがあります。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

 

6.他のファイルを変換する

続いて他のファイルを変換する場合は、「リスト全削除」ボタンで一旦リスト削除しておきましょう。これは使っていて気づいたことですが、このソフトはファイルやフォルダを指定すると対象リストにどんどん追加される仕様になっています。削除しておかないと同じファイルを何度もリサイズしてしまいます。ちなみに「リスト全削除」を押しても元ファイルが消えるわけではないので、そこはご安心を。

「リサイズ超簡単!Pro」ソフト

アンインストール方法

アンインストールは通常のプログラムと同じ方法になります。Windowの[コントロールパネル]>[プログラムと機能]を起動後、「リサイズ超簡単!Pro」をクリックして[アンインストールと変更]を実行してください。

オプション設定

本ソフトは、変換時にオプションを設定することができます。以下に設定項目を解説していきます。

1.Exif情報の設定

本ソフトのオプション設定には、Exif情報に関する設定項目が3つあります。

<Exif情報とは?>

Exif情報とは、簡単に言うとデジカメで撮影した写真に保存されている撮影条件に関する情報のことです。この情報をメタデータと言います。撮影条件に関する情報には以下のような項目が含まれます。

  • 撮影日時
  • 撮影場所(GPS情報)
  • デジカメの機種
  • 絞り値
  • 画素数
  • ISO感度
  • 色空間

<Exif情報に関する設定項目>

  1. Exif情報の撮影日時をリサイズ画像のタイムスタンプに反映
  2. Exif情報の撮影日時をファイル名に反映
  3. GPS情報を削除

<各設定項目の詳細>

  1. 処理後の画像のタイムスタンプをExif情報に含まれる撮影日時にする設定項目です。
  2. 処理後の画像のファイル名をExif情報に含まれる撮影日時にする設定項目です。元のファイル名を含めることもできます。
  3. Exif情報の内、GPS情報を削除する設定項目です。

Exif情報の設定

2.処理後の設定

本ソフトのオプション設定では、処理後のアクションを設定することができます。

<設定項目>

  1. ログ出力
  2. html出力
  3. 処理後にフォルダを開く
  4. 処理後にリスト削除

<各設定項目の詳細>

  1. 処理後にログを表示する設定項目です。
  2. 処理後にHTML形式で出力する設定項目です。
  3. 処理後に保存先のフォルダを開く設定項目です。
  4. 処理後に「変換ファイルリスト」のファイルを削除する設定項目です。

処理後の設定

3.表示の設定

本ソフトのオプション設定では、以下の表示設定を行うことができます。

  • ブラウザで表示
  • 常に手前に表示

表示の設定

4.拡張子の設定

本ソフトのオプション設定では、処理後の画像データの下記のように拡張子を統一することができます。

  • 文字種を継承(※初期値)
  • 小文字に統一
  • 大文字に統一

拡張子の設定

システム要件と対応ファイル形式

本ソフトの対応OSと読み込み・出力のそれぞれの対応形式は以下の通りです。

1.対応OS

本ソフトの対応OSは、Windows Vista・7・8・10になります。Mac・Linuxには対応していません。

※Macの代替ソフトなら、『Th-MakerX』がおすすめです。複数画像のサイズを一括変換することができます。

2.読み込み可能なファイル形式

本ソフトの読み込み可能ファイル形式は、bmp・gif・jpg・png・tifになります。

3.出力可能なファイル形式

本ソフトの出力可能ファイル形式は、bmp・jpg・png・tifになります。

「リサイズ超簡単!pro」まとめ

ひとくちに画像のリサイズと言っても、高性能でややこしいソフトが多すぎて何を使ったらいいのかよくわかりませんよね。

でも「リサイズ超簡単!Pro」は名前の通り、初心者から上級者まで誰でも簡単に使えるソフトです。日ごろから画像の扱いやパソコンの容量圧迫に困っているかたにはぜひおすすめしたいソフトです。

投稿者:

-文書・画像・HP関連, 画像編集
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.