「SoundEngine Free」ダウンロード方法

更新日:

 
SoundEngine Free
SoundEngine Free

SoundEngine Freeは、音声の再生・録音・編集、エフェクト処理など、無料ながらも多機能なサウンド編集ソフトです。USBメモリなどのリムーバブルメディアに入れて持ち歩くことが可能です。音声データや既存のオーディオファイルなどを自由に加工する事ができます。波形表示から、カット編集・コピーペーストや音量調節、またファイルの繋ぎ合わせなどが簡単に行えます。単一音声ファイルの編集に向いているので、携帯電話向け着信音の編集などにも最適といえるでしょう。

SoundEngine:セットアップ

SoundEngineをパソコンに導入(インストール)するために、初めにセットアップを行います。
1. 公式サイト内、製品ダウンロードのページにアクセスして【SoundEngine Free】をクリックします。
ここではデスクトップに保存します。

URL : http://soundengine.jp/
1

※Test版もありますが開発中のため、ここではRelease版を使用します。

●ご注意:
お使いのPCの環境によってダウンロードに違いはあり、また格納場所も違います。

保存先を指定していない時は、IE9以降などは《ダウンロードフォルダ》を確認してください。
見つからない場合は一時フォルダに保存されている可能性がありますので確認してください。

SoundEngine:インストール

1. デスクトップに保存した実行ファイル【soundengine_free_***.exe】をクリックします。
2

2. セットアップウィザードが開始されます。【次へ】をクリックします。
3

3. インストールするフォルダを選択します。また、設定方法・使用するユーザーの設定をします。
【次へ】をクリックします。
4

4. 必要な追加タスクにチェックして【次へ】をクリックします。
5

↓インストールが開始されますので、暫くお待ちください。
6

5. オプション機能をインストールするかを選択します。
必要でしたらチェックをして【はい】をクリックします。
7

※不要の場合はチェックを外してください。インストールしなくても支障は全くございません。

6. インストールが正常に完了すると、【セットアップが完了しました。】と表示されます。
【閉じる】をクリックしてウィザードを閉じてください。
8

※ソフトが正常にパソコンにインストールされたら、
はじめにダウンロードした実行ファイルは削除しても構いません。

Windows 10への導入方法

SoundEngine Freeは、基本的にWindows 10に対応しておらず、インストールは可能ですが録音レベルが上がらないなどの不具合が出ています。Windows 10でSoundEngineを利用したい場合は、Pro版を利用しましょう。基本的に有料ですが、フリーチケットを入手することで無料で利用することができます。

1.Pro版のダウンロード

下記URL(公式サイト)にアクセスし、「SoundEngine Pro」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

https://soundengine.jp/software/

Pro版のダウンロード

2.Pro版のインストール

ダウンロードしたインストーラーを実行してインストールして下さい。手順は、「ツールバーとJWordプラグインをインストールしますか?」画面がないだけでFree版と同様になります。

Pro版のインストール

3.Pro版の起動

Pro版の起動にはチケットが必要になります。チケットにはサポーターチケットとフリーチケットがあり、無料で利用するにはフリーチケットの入手が必要です。手順は以下の通りです。フリーチケットには1週間の期限があります。期限が切れたら、再度同じ手順で起動して下さい。

<フリーチケットを使った起動手順>

  1. Pro版を起動します。すると、起動モードの選択画面が表示されます。
  2. 起動モードを選択し、「同意する」をクリックします。すると、チケット情報の入力画面が表示されます。
  3. 「チケット」画面の「フリーチケットをゲット!」をクリックします。すると、公式サイトに移行します。
  4. 公式サイト内検索の検索結果の「フリーチケット」をクリックします。すると、「フリーチケットとは」画面が表示されます。
  5. 「フリーチケットとは」画面下部の「フリーチケットを取得」をクリックします。すると、下にチケット情報が表示されます。
  6. 表示されたチケット情報をすべてコピーして「チケット」画面に戻ります。
  7. 「チケット」画面の入力欄にコピーしたチケット情報を貼り付け、「OK」をクリックします。すると、「フリーチケットの登録に成功しました。」と表示されます。
  8. 最後に「OK」をクリックして完了です。

Pro版の起動

※チケット情報の貼り付けができない場合は、直接入力して下さい。スペースも含め完璧に入力できれば、コピペでなくても大丈夫です。

マルチトラック対応ソフト

SoundEngine はマルチトラックに対応していません。音声ファイルのマルチトラック編集を行いたい場合は、同提供元の『RadioLine Free』がお勧めです。マルチトラック編集が可能な音声ファイル編集ソフトで、最大4トラックの合成機能を搭載しています。

1. RadioLine Freeの概要

『SoundEngine』と同じ『株式会社コードリウム』が提供するマルチトラック編集対応の無料の音声ファイル編集ソフトです。

<対応OS>

Windows XP・Windows Vista・Windows 7・Windows Server 2008

<対応フォーマット>

WAVE ファイル(入力・出力)

<編集機能>

  • 音声(指定範囲)のカット・コピー・ペースト
  • 無音化
  • 無音挿入
  • トラック別の音量・定位調整
  • 音源のフェードイン・フェードアウト
  • 音声ファイル分割・結合

RadioLine Freeの概要

2. RadioLine Freeのダウンロード

下記URL(公式サイト)にアクセスし、「RadioLine Free」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

https://soundengine.jp/software/

RadioLine Freeのダウンロード

3. RadioLine Freeのインストール

ダウンロードしたインストーラーを実行してインストールして下さい。

RadioLine Freeのインストール①

手順は『SoundEngine Free』と同様になります。指示に従って数回クリックし、オプション機能が不要の方はチェックを外して進めて下さい。

RadioLine Freeのインストール②

SoundEngineのまとめ

多機能な音声ファイル編集ソフト「SoundEngine」を紹介しました。Free版・Pro版(フリーチケットの使用)共に、無料で音声データの編集を行うことができます。Pro版を無料で利用する場合は、使用期限1週間のフリーチケットを入手する必要があります。起動時の手間が増えるので、Windows 10以外で利用する場合はFree版をお勧めします。また、マルチトラック編集を行いたい方は、同提供元の音声ファイル編集ソフト『RadioLine Free』がお勧めです。どちらも日本製の安心ソフトでウイルスや悪質なアドウェアなどの心配はありませんので是非、お試し下さい。

※なお、本ソフトの対応OSはWindowsのみですが、『NXWine』というMacでWindowsアプリを動かすソフトを使うとMacでも利用可能です。詳しくは、公式サイト内のこちらの記事【SoundEngineをMacで動作させる方】をご参照下さい。

投稿者:

-音声編集, 音楽・動画関連
-,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.