ビジネス向けチャットアプリSlackをはじめてみよう!

更新日:

slack ダウンロード方法

仕事を円滑に進めていく上で欠かせないのが、社内・チーム内でのコミュニケーション。そのコミュニケーションの手段として、よく使われるのがメールツールですよね。

でも皆さんこんな経験ありませんか?

「送信しても既読かどうかわからない」「返信が返ってこない」「自分だけ宛先に入ってなかった」などなど・・・。間違いが起きやすく、レスポンスが遅い所が今一歩な感じです。

だからといって、直接口頭で伝えるとログが残らず、後になって「伝えた」「伝わってない」なんてことになります。

そこで今回は、最近ビジネスシーンでよく使われるチャットアプリ[Slack(スラック)]を使ってみます。機能面や操作性はもちろん、本当に業務効率が良くなるのかも併せて確認していきましょう。

 

ダウンロード方法

ダウンロードは以下のサイトになります。

https://slack.com/intl/ja-jp/downloads/windows/

slackダウンロード方法

 

インストール方法

[Slack]は他のメールツールと同じく、WEBページ上で利用可能です。しかしブラウザを使うとプッシュ通知を受け取れないというデメリットがあります。

そこで今回はプッシュ通知できるダウンロード版を使います。

1.Windowsのバージョンを確認してダウンロード

はじめにWindowバージョンが、「32ビット」「64ビット」のどちらなのか調べておきましょう。以下のようにエクスプローラーの画面で「PC」を右クリック→「オプション」→「システムの種類」で確認することができます。

Windowsのバージョンを確認してダウンロード

バージョン確認ができたら該当のものをダウンロードして、「実行する」または「開く」をクリックして進みましょう。[Slack]が起動すれば正常にインストールされたことになります。

Slackインストール方法

2. アカウントの登録

[Slack]の利用は必ずアカウントの登録が必要になりますが、招待メールを受け取るメンバーと[Slack]を導入する管理者(オーナー)では少し手順が違います。

2-1.招待メールが来ている場合

送られたメールの「今すぐ参加(Join Team)」ボタンをクリックして「氏名」「表示名」「パスワード」などを入力しながら画面を進めていきましょう。

Slack招待メールが来ている場合

最後に他のチームメンバーの招待画面が表示されますが、ここでは必要ないので「後で」をクリックしましょう。

※アカウントの登録が終われば、次回からインストールしたアプリが使えます。

Slack招待メールが来ている場合2

2-2.オーナーとして新規で始める場合

[Slack]のアプリを起動して「ワークスペースを新規作成する」から進めていきます。

Slack オーナーとして新規で始める場合

パスワードの設定まできたら、ワークスペース情報の登録になります。

「使用目的」「名前」などを設定して「ワークスペースのURL」を決めてください。

※既に使用されているURL名は設定できません。

Slack オーナーとして新規で始める場合2

画面を進めていき、「ようこそ!」の画面が出れば設定完了です。

簡単な画面の説明を知りたい場合は「チュートリアルをスタート」、必要なければ「チュートリアルをスキップ」を選択して、[Slack]の初期画面に切り替えましょう。

Slack オーナーとして新規で始める場合3

 

リスク・危険性(検索したがそれらしい情報はなし)

[Slack]の導入で一番気になるのは、リスク・危険性の部分ですよね。

私が調べてみたところ、[Slack]はビジネス向けに開発されているのでセキュリティ面はしっかりしているようです。ユーザー毎に権限を振り分けて、権限が無ければ中は見えない仕組みになっています。とくにエクスポート機能については有償プラン&ユーザー限定になっているので、不正ダウンロードの心配もなさそうです。

簡単な使い方と設定

それではここから簡単な[Slack]の使い方を見ていきましょう。

1. メンバーを[Slack]に招待する

ワークスペースに新しいメンバーを招待するには、「メンバーを招待する」から招待メールを送信します。

メンバーを[Slack]に招待する

2. チャンネルを作る

[Slack]でのやり取りはチャンネル上で行います。チャンネルとはコミュニティの単位で、「全社」「総務部」「営業部」「開発部」「開発Aチーム」などで区切ります。

パブリック(公開される)かプライベート(非公開)を選択できるので、「全社」であれば以下のようにパブリックにしておきましょう。

チャンネルを作る

3. メンバーをチャンネルに招待する

新しいメンバーをチャンネルに加えたい場合は、画面右上の「チャンネル設定」からメンバーを招待しましょう。

メンバーをチャンネルに招待する

4.メンション付きで発言する

グループ内での発言回数や頻度が多くなると、発言がどんどん上に流れていって、本当に伝えたい相手が見過ごしてしまうことがあります。

そんな時はメンション機能を使いましょう。

メンションされた相手は必ずプッシュ通知のお知らせが届くので、見逃すことはありません。

使い方は発言スペースで「@」を打ち込み、相手の名前を1文字でも入力すれば候補が絞られるので、メンションする相手を探せます。

メンション付きで発言する

5.発言を検索する

右上の検索欄を使えば、発言場所がわからなくても全てのチャンネルやダイレクトメッセージから単語を検索できます。

発言を検索する

6.画像を添付する

画像のアップロードは他のソフトと同じ、ドラッグ&ドロップで簡単です。

※発言欄の「+」ボタンでも追加できます。

画像を添付する

7.画像を削除する

画像の上にマウスポインタを近づけて、「・・・」のマークから削除しましょう。

画像を削除する

このように [Slack]では画像やファイルのアップロードも簡単にできるので、チームで共有したい資料を閲覧用に置くと便利ですよね。

でも気をつけたいのが容量制限。無料プランの場合はメッセージ1万件・全体容量が5GBに制限されてしまいます。

有料プランへアップグレードする方法もありますが、それが難しいようなら画面右上のボタンから「全てのファイル」でまとめて確認&削除することもできます。

画像を削除する2

アンインストール方法

アンインストールは通常のプログラムと同じ方法になります。Windowの[コントロールパネル]>[プログラムと機能]を起動後、「Slack」をクリックして[アンインストールと変更]を実行してください。

まとめ

今回確認したのは[Slack]の基本的な部分だけですが、正直無料プランでもかなり高機能だと感じました。メールのような宛先間違いもなく、発言やファイルの検索もサクサク簡単なのでとても使いやすいです。

他にも、タスク管理やメールとの連携機能も付けられるようなので、業務効率に役立つおすすめツールだと思います。

人気記事ランキング

投稿者:

-チャット, チャット
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2018 All Rights Reserved.