「WinSCP」のインストールと使い方

投稿日:

 
WinSCP,インストール,FTP
WinSCP,インストール,FTP

WinSCPとは、Microsoft Windows OS上で動作するFTP、FTPS、SFTPクライアントプログラムで、ローカルコンピュータとリモートコンピュータ間のファイル転送をすることができます。

WinSCPは、以下の5つの転送プロトコルをサポートしています。
• SFTP(SSHファイル転送プロトコル)。
• FTP(ファイル転送プロトコル)。
• SCP(セキュアコピープロトコル)。
• WebDAV(Web分散オーサリングとバージョン管理)
• S3(Amazon S3)

安全性の高い転送プロトコルに対応している点、セキュリティ問題や不具合を修正したメンテナンスアップデートが頻繁に行われている点から、信頼性の高いファイルテンスシステムといえるのではないでしょうか。

インストール方法

1、公式サイトからダウンロードします。
https://winscp.net/eng/download.php
winSCPダウンロード

2、インストーラーをダブルクリックで実行します。
winSCPインストーラー

3、セキュリティの警告画面が出た場合は「実行」で進んでください。
winSCPインストール

3、ダイヤログボックスで進めていきますが、基本的にはそのままの選択で大丈夫です。
今回は以下の通り進めていきました。
・ 使用許諾契約書の同意:「許諾」
・ セットアップ形式:「標準的なインストール」
・ ユーザの初期設定:「コマンダー」
・ インストール準備完了:「インストール」
・ WinSCPセットアップウィザードの完了:「完了」
winSCPインストール

4、インストール完了です。
デスクトップにショートカットができています。
winSCPショートカット

WinSCPの使い方

1、ログインダイアログに必要事項を入力してログインします。
① ホスト名(サーバー名やIPアドレス)
② ユーザー名やアカウント名
③ パスワード
winSCPログイン

2、サーバーに接続されました。
こちらが基本的な画面です。
WinSCPには2つのグラフィカルユーザーインターフェイスがあり、「オプション」→「環境設定」で自分好みのインターフェイスに変更することが可能です。
winSCPユーザーインターフェイス

3、いくつかの基本的な機能を紹介します。

ディレクトリツリー

「▼」をクリックして表示されたディレクトリツリーのアイコンをクリックするだけで、移動したいディレクトリを選択する事ができます。
winSCPフォルダ移動

ファイルのアップロード

ファイルを選択した状態で、「アップロード」ボタンをクリック。
ドラッグアンドドロップでもアップロードできます。
winSCPアップロード

アップロードダイアログが出てきたら「OK」をクリックしてください。
winSCPアップロード

ファイルのダウンロード

ファイルを選択した状態で、「ダウンロード」ボタンをクリック。
ドラッグアンドドロップでもダウンロードできます。
winSCPダウンロード

ダウンロードダイアログが出てきたら「OK」をクリックしてください。
winSCPダウンロード

セッション管理(セッションの追加)

メニューバーから「セッション」→「新しいセッション」をクリックします。
ログインダイアログが立ち上がるので、ホスト情報を入力すると、新しいセッションを追加することができます。
セッションの切り替えはタブで行います。
winSCP新しいセッション

セッション管理(セッションの保存)

ログインダイアログで保存をクリックします。
winSCPセッションの保存

名前を付けて保存します。
winSCPセッションの保存

次回からログインの時に保存されたセッションが表示されます。
winSCPセッションの保存

同期

ディレクトリの同期をすることが可能です。「同期」アイコンをクリックします。
今回は「ローカル→リモート」を選択していますが、他にも「双方向」「リモート→ローカル」を指定する事ができます。
winSCP同期

WinSCPのまとめ

ここで紹介したのは基本的な機能の一部です。まだまだ便利な機能や高度な内容がありますので、Windowsユーザーの方はよかったらチェックしてみてください。

投稿者:

-インターネット, ファイル転送
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2018 All Rights Reserved.