「Media Player Classic」のダウンロード方法

更新日:

 
Media Player Classic
Media Player Classic

Media Player Classicは、さまざまな形式に対応した無料のマルチメディアプレイヤーです。シンプルなインターフェースで使いやすく、優れた機能をそなえています。 再生速度の調節・指定した再生時間へのジャンプ機能・音ズレ防止・お気に入り作成など 細やかな機能性があり高い支持を受けています。

Media Player Classic:ダウンロード

1.Media Player Classicと検索してダウンロードサイトを表示させます。もしくは直接下記のURLを検索してください。
URL: http://sourceforge.jp/projects/sfnet_mpc-hc/
サイトを表示させたら、右にある「Download」をクリックして、ファイルを保存します。

1

2.ファイルを保存したら、ダブルクリックをして実行します。
「セットアップ中に利用する言語を選んでください」とでますので、「日本語」を選択し、「OK」をクリックします。

2

3.「次へ」をクリックし進みます。

3

4.以下の様の画面が表示されましたらそのままで問題ないので「同意」するを選択し「次へ」クリックします。

4

5.インストール先を設定します。
インストール先フォルダはそのままで問題ありませんので「次へ」をクリックして下さい。

5

6.以下の様の画面が表示されましたら「次へ」をクリックして下さい。

6

7

8

9

7.インストールの完了です。「完了」をクリックしてください。

10

8.Media Player Classicが起動し、使用できるようになります。

11

Media Player Classic:フォーマット

「Media Player Classic」の対応フォーマットは以下の通りです。

1.メディア

DVD-Video・音楽CD・ビデオCDなど

2.コンテナ形式

AVI・MOV・MP4・MPEG-2システム・Ogg・Ogg Media・Matroska・Flash Videoなど

3.ビデオコーデック

H.263(FLV1)・H.264・MPEG-1・MPEG-2・MPEG-4・MS-MPEG4・On2VP6(FLV4)など

4.オーディオコーデック

AAC・AC-3・DTS・MP3・Vorbis・など

Media Player Classic:派生版

「Media Player Classic」のオリジナル版は、2010年2月の更新を最後に終了しています。(※開発者による公式発表では開発は止まっていないとのことです。)後継ソフトとして、派生版の「MPC-HC(Media Player Classic - Home Cinema)」やその上位版の「MPC-BE(Media Player Classic - Black Edition)」があります。下記にそれぞれについて詳しくご紹介します。

1. MPC-HC

「MPC-HC(Media Player Classic - Home Cinema)」は、オリジナル版「Media Player Classic」からバグの修正や新しい機能の追加を行った派生版で、後継ソフトとなっています。

<MPC-HCの機能>

MPC-HCの機能の一部をご紹介します。

  • 動画の再生
  • 再生リスト(プレイリスト):再生動画の一覧表示機能
  • お気に入り:動画や動画の一部(ワンシーン)の保存機能
  • 静止画キャプチャ:動画内のワンシーンのスクリーンショット機能
  • ダイジェスト画像:動画内のからランダムに画像(16枚)を抽出する機能
  • 字幕:動画内への字幕の挿入機能

<MPC-HCのダウンロード・インストール>

当記事では、この後継ソフト「MPC-HC(Media Player Classic - Home Cinema)」のダウンロード・インストール方法をご紹介しています。

<MPC-HCの使い方>

使い方についてはこちらの記事【「MPC-HC」シンプル設計のメディアプレイヤーソフト】をご参照下さい。

MPC-HCの使い方

2. MPC-BE

「MPC-BE(Media Player Classic - Black Edition)」は、「MPC-HC(Media Player Classic - Home Cinema)」からさらに機能を追加し、黒が基調になった高級感のあるインターフェイスが特徴の上位版となっています。

<MPC-BEの機能>

MPC-BEの機能の一部をご紹介します。

  • MPC-HCの機能
  • サーチプレビュー:シークバーのサムネイル画像表示機能
  • チャプターマーカー:DVD・ブルーレイのチャプター表示機能
  • フライバー:タイトル・メニューバーの非表示機能
  • 音声同時出力:2つの異なるデバイスでの音声出力機能

<MPC-BEのダウンロード・インストール>

下記URLより、インストーラー(ZIPファイル)をダウンロードして、インストールして下さい。

https://sourceforge.net/projects/mpcbe/

MPC-BEのダウンロード・インストール

<MPC-BEの使い方>

使い方についてはこちらの記事【MPC-BE:Windows用メディアプレーヤーソフト】をご参照下さい。

MPC-BEの使い方

Media Player Classic:まとめ

多機能・多形式の無料マルチメディアプレイヤー「Media Player Classic」について紹介しました。「Media Player Classic」には、後継ソフトとして派生版の「MPC-HC」とその上位版の「MPC-BE」があります。オリジナル版「Media Player Classic」と派生版「MPC-HC」は更新を終了しているので、上位版「MPC-BE」を使用することをお勧めします。

投稿者:

-音楽・動画関連, 音楽プレイヤー
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.