「ワンドライブ※OneDrive」最適オンラインストレージ

更新日:

 
OneDrive,ワンドライブ,オンラインストレージ
OneDrive,ワンドライブ,オンラインストレージ

OneDrive(ワンドライブ)とは、マイクロソフト社が提供しているオンラインストレージサービスです。同一のアカウントを持っていれば、様々なデバイスからアクセスでき、いつでもどこでもデータを共有・管理できます。※旧称:SkyDrive( スカイドライブ)
公式サイト:Microsoft.com

OneDrive:データの保存・共有

データの保存・共有ができるMicrosooftクラウドサービスです。
OneDrive_2

OneDriveは、Officeドキュメントをはじめとして、写真やビデオなど、さまざまなデータの保存・管理・共有ができます。
データは、1ファイルあたり10GBまでアップロードができます。また、容量はこれまでに変更がありましたが、現時点では無償で5GBまで利用可能です。(2016年1月現在)
※容量は必要に応じて追加購入できます。

OneDrive_3

多くのデバイスに対応しているので、マイクロソフト アカウントを取得すれば、いつでも好きな場所からOneDriveにアクセスできます。
対応デバイス:Windows / Mac OS X / iOS / Android / Windows Phone / Xbox
※アカウント取得:Microsooft アカウントの作成

OneDriveは、Windows 8.1 / 10にプリインストールされています。その他OSは下記のページからダウンロードしてください。
また、仕事用にOneDriveを使用する際には、OneDrive for Business(有償)を選択すると、1ユーザーにつき1TBの容量を使用でき、共同作業しやすい環境になるでしょう。

OneDrive_4

・Windows:Microsooft.com
・Android:Google Play
・iOS:Apple Store
・Windows Phone:Windows Phone ストア

OneDrive:アプリと連携

Officeドキュメント・画像管理に最適
SkyDriveに引き続き、OneDriveではブラウザ上で使えるOffice アプリと連携することができます。

OneDrive_5

Office アプリは通常のOffice ソフトと比較すると機能性には欠けますが、インターフェースもそっくりであり、データ表示も特に崩れることはありません。
またOneDriveは、画像管理にも最適です。

OneDrive_6

このように画像をサムネイル表示することができ、スライドショーにも対応しています。

OneDrive_7-1
OneDrive_7-2

ブログやホームページなどで公開するために、画像を埋め込むためのHTMLコードを生成できます。タグを付けることも可能ですので画像管理がしやすいのも魅力です。

管理している画像は、他ユーザーと共有することもできます。※公開・共有は、画像ファイルだけではなく、他データでも可能です。
他ユーザーとの共有方法は、ファイルのリンクを相手に送るだけで手軽にできます。

OneDrive_8

FacebookやTwitterなどへのリンクを貼りつけ公開することも可能です。

OneDrive_9
OneDrive_10

データをドラッグアンドドロップで直接アップロードすることもできます。

OneDrive_11

ここではデスクトップ上に保存してる画像を直接ブラウザ上にドラッグアンドドロップしてアップロードさせました。
ただし、Microsoft Edgeではこの操作はできない報告があります。
もしドラッグアンドドロップでアップロードする際は、Internet Explorerや他のブラウザを使いましょう。

マイクロソフト社では、OneDriveをはじめとして多くのサービスを提供しているので、それらを連携して使うことにより、ビジネスでもプライベートでも大いに役立つでしょう。

OneDrive:導入【Windows 10編】

Windows 10にプレインストールされているOneDriveの起動方法からフォルダーの表示まで、基本的な導入手順を解説します。

1.アプリの起動

OneDriveを起動します。

<起動手順>

「スタート」→「OneDrive」をクリック

アプリの起動

2.サインイン

Microsoftアカウントでサインインします。

<サインイン手順>

  1. 入力欄にMicrosoftアカウントのメールアドレスを入力して「サインイン」をクリック
  2. 入力欄にパスワードを入力して「サインイン」をクリック

サインイン

 

3.フォルダーの変更

OneDriveフォルダーのデフォルト設定は「C:¥Users¥ユーザー名¥OneDrive」になっています。変更する場合は、「場所の変更」から変更して下さい。

フォルダーの変更

変更しない場合またはフォルダー変更後、「次へ」→「後で」をクリックします。

フォルダーの変更②

4. フォルダーの表示

OneDriveフォルダーを開きます。

<OneDriveフォルダーの表示手順>

  1. チュートリアル画面下部の「>」を5回クリック
  2. 「OneDriveフォルダーを開く」をクリック

フォルダーの表示

OneDrive:有料版について

OneDriveは基本的に無料で利用できますが、有料版を購入するとストレージ容量の増量や電話・Webサポートを受けられます。そんな有料版には、OneDrive単体の『OneDrive for Business』と他のOffice製品とセットになった『Office 365』があります。

1. OneDrive for Business

OneDrive for Businessでは、月額540円相当(1ユーザー)で1TBのストレージを使え、Windows PCはもちろん、Macにも対応しています。さらに、ストレージ容量無制限で高度なセキュリティ機能を有した安全性の高い、月額1090円相当(1ユーザー)のプランもあります。しかし、同額で他のコミュニケーションプラットフォームも利用できる『Office 365 Business Essentials』のほうがお買い得です。

OneDrive for Business

2. Office 365

Office 365とは、最新のWordやExcelなどOffice製品がセットになった商品で、もちろんOneDriveも付いています。家庭向けの「Office 365 Solo」なら月額1274円相当でストレージ容量が1TB付いてきます。また、一般法人向けには『Office 365 Business 』『Office 365 Business Premium 』『Office 365 Business Essentials 』の3つのプランがあり、こちらもそれぞれストレージ容量が1TB付いてきます。さらに、学生や教職員が対象の教育機関向けのプランなら、ストレージ容量無制限で無料で利用できます。ただし、無料プランの場合はOneNote以外がWeb版アプリになりますので注意して下さい。

Office 365

投稿者:

-インターネット, クラウド
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.