「KeePass Password Safe」高機能な無料パスワード管理ソフト

投稿日:

 
KeePass Password Safe,パスワード,Windows
KeePass Password Safe,パスワード,Windows

KeePass Password Safe とは、Windows向けの高機能な無料パスワード管理ソフトです。1つのマスターパスワードを覚えておくだけで、暗号化されたデータベースに複数のパスワードやIDを登録し、管理することができます。また、登録したパスワードをWeb上のログイン画面で自動入力することも可能です。さらに、条件の設定も可能なパスワード生成機能でランダムパスワードを自動的に生成することもできます。

※Monoにも対応しているのでMacやLinuxでも利用可能です。

KeePassのダウンロード・インストール

下記URLより、インストーラーをダウンロードしてインストールして下さい。

https://keepass.info/download.html

ダウンロード・インストール

<初期起動時>

本ソフトは初期起動時に自動アップデート機能の有効化画面がポップアップ表示されます。

有効化する場合は「Enable (recommended)」を、無効にする場合は「Disable」をクリックして下さい。

初期起動時

KeePassの日本語化

本ソフトのデフォルト言語は英語になっているので、使いやすいように日本語化します。手順は以下の通りです。

1.日本語ファイルのダウンロード

下記URLより、圧縮ファイル「KeePass-2.43-Japanese.zip」をダウンロードして解凍します。

https://keepass.info/translations.html

日本語ファイルのダウンロード

2.日本語ファイルの移動

解凍したフォルダ内にある「Japanese.lngx」を本ソフトのインストールフォルダ内の「Languages」フォルダにドラッグ&ドロップし、「続行」をクリックします。

日本語ファイルの移動

3.言語設定

本ソフトを起動してメイン画面上部のメニューバーで「view」→「Change Language…」をクリックし、表示された「Select Language」画面で「Japanese(日本語)」→「はい」をクリックします。

言語設定

KeePassの使い方:データベースの作成

本ソフトは、最初に下記の手順でパスワードやIDを登録するデータベースを作成します。

  1. メイン画面上部のメニューバーで「ファイル」→「新規」をクリック
  2. 「新しいデータベース」画面で「OK」をクリック
  3. 「新しいデータベースを作成」画面で保存先・ファイル名を指定し、「保存」をクリック
  4. 「複合マスターキーを作成」画面でパスワードを2回入力し、「OK」をクリック
  5. 「データベースの設定」画面で名前や説明などを入力し、「OK」をクリック
  6. 「緊急用シート」画面で「スキップ」をクリック
  7. メイン画面上部のメニューバーで「ファイル」→「保存」をクリック

※手順4のパスワードは、本ソフト起動時に必要なパスワードです。忘れないように注意して下さい。

※手順5のデータベースの設定は入力しなくても構いません。

※手順6で「印刷」をクリックすると、データベース情報の印刷画面に移行します。

データベースの作成

KeePassの使い方:パスワードの登録

本ソフトは、下記の手順でパスワードを登録することができます。

  1. メイン画面上部のメニューバーで「エントリー」→「エントリーの追加」をクリック
  2. 「エントリーの追加」画面で「タイトル」「ユーザ名」「パスワード」「URL」「備考」を入力し、「OK」をクリック
  3. メイン画面上部のメニューバーで「ファイル」→「保存」をクリック

※手順2では必要に応じて有効期限を設定可能です。

パスワードの登録

KeePassの使い方:パスワードの自動入力

本ソフトは、下記の手順で登録パスワードをWebページ上で自動入力し、自動的にログインすることができます。

  1. メイン画面で自動入力するパスワードのエントリーを右クリック
  2. コンテキストメニューで「URL」→「開く」をクリック
  3. Webページで入力欄をクリック
  4. メイン画面上部のメニューバーで「エントリー」→「自動入力の実行」をクリック

※手順1・2はエントリーにURLを設定している場合のみ

※URLを設定していない場合は手動でWebページを表示して下さい。

※手順3のWebページは既定のWebブラウザで表示されます。

※手順2で「〇〇で開く(〇〇はブラウザ名)」でWebブラウザの指定も可能です。

パスワードの自動入力

KeePassの使い方:パスワードの自動生成

本ソフトでは、エントリーの追加の際に下記の手順で安全性の高いパスワードを生成することができます。

  1. 「エントリーの追加」画面で「パスワード」欄の右端の「●●●」をクリック(パスワードの表示)
  2. 「エントリーの追加」画面で「もう一度」欄の右端の鍵アイコン→「パスワード生成画面を開く」をクリック
  3. 「パスワード生成」画面で生成するパスワードの条件を設定し、「OK」をクリック

※条件に合ったパスワードが「エントリーの追加」画面の「パスワード」欄に表示されるので、その他の情報を入力して生成したパスワードを登録することができます。

パスワードの自動生成

KeePass Password Safeのまとめ

高機能な無料パスワード管理ソフト「KeePass Password Safe」を紹介しました。使い方はとても簡単で、本ソフトをインストールしたら、まずは日本語化とパスワードを登録するデータベースファイルの作成を行いましょう。あとは、エントリーの追加でパスワードなどの情報を登録するだけで、自動入力・ログインが可能です。さらに、登録時に新規で安全性の高いパスワードを生成することができる便利なフリーソフトになっています。是非、使ってみて下さい。

投稿者:

-セキュリティ, パスワード管理

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.