「PicPick」編集も可能な画像キャプチャーソフト

投稿日:

 
picpick,NGWIN,画面キャプチャー
picpick,NGWIN,画面キャプチャー

PicPickとは、『NGWIN』が提供する画面キャプチャーソフトです。フルスクリーンやアクティブウィンドウ、指定範囲などデスクトップ画面の静止画を撮影することができます。また、撮影した画像は専用の編集エディター『PicPickエディター』で編集が可能で、PNG・JPG・BMP・GIFに保存することもできます。さらに、FTPサーバー・Twitter・Facebookにアップロードが可能で、Word・Excel・PowerPointなどに送ることもできます。


PicPickのダウンロード・インストール

下記URLにアクセスし、「Download」からインストーラーをダウンロードしてインストールして下さい。

https://picpick.app/en/download/

ダウンロード・インストール

PicPickの使い方:日本語化

インストール後、本ソフトは言語が英語になっているので、使いやすいように日本語にします。手順は以下の通りです。

1.オプションの表示

本ソフトを起動し、PicPickエディターの最初の画面より、左メニューの下から2番目の「Options」をクリックします。

オプションの表示

2.日本語の選択

「Program Options」画面より、「General」-「Language」-「English」をクリックし、「日本語」をクリックして選択します。

日本語の選択

3.言語の変更

最後に「OK」→「はい」をクリックすると、言語が日本語に変わります。

言語の変更

PicPickの使い方:キャプチャー方法

本ソフトは、PicPickエディターの「ファイル」タブの「スクリーンのキャプチャー」から各種キャプチャー方法を選択することができます。または、ホットキーからキャプチャーすることも可能です。

1.キャプチャーの選択

PicPickエディターの「ファイル」タブの「スクリーンのキャプチャー」より、各種キャプチャー方法をクリックします。すると、撮影後にPicPickエディターにキャプチャー画像が表示されます。

キャプチャーの選択

2.キャプチャーの種類

本ソフトでは、下記の8種類のキャプチャー方法から選ぶことができます。

<フルスクリーン>

デスクトップ画面全体を撮影します。

<アクティブウィンドウ>

アクティブなウィンドウ全体を撮影します。

<ウィンドウコントロール>

ウィンドウに赤い枠が表示されるので、マウスを動かして撮影範囲を選択してクリックすると、選択した赤い範囲のウィンドウを撮影します。

<スクロールウィンドウ>

ウィンドウに赤い枠が表示されるので、マウスを動かして撮影範囲を選択してクリックすると、選択した赤い範囲のスクロールしたウィンドウを撮影します。

<サイズ選択>

デスクトップに十字が表示されるので、マウスをドラッグ&ドロップして撮影範囲を選択すると、選択した範囲を撮影します。

<サイズ固定>

デスクトップに指定の範囲が表示されるので、マウスを動かして撮影範囲を選択してクリックすると、選択した範囲を撮影します。

なお、撮影範囲を選択中に右クリックすると、撮影範囲の大きさを変更することも可能です。

<フリーハンド>

デスクトップに十字のカーソルが表示されるので、マウスをドラッグ&ドロップして撮影範囲を選択すると、選択した範囲を撮影します。

<リピートキャプチャー>

前回撮影されたキャプチャーがPicPickエディターに表示されます。

キャプチャーの種類

3.キャプチャーのホットキー設定

リピートキャプチャー以外は既にホットキーが設定されています。下記の手順で各キャプチャーのホットキーを確認・変更することができます。

<ホットキーの確認・変更>

Start(タスクの選択)画面の左メニューより、「環境設定」をクリックし、「環境設定」画面の左メニューより、「ホットキー」をクリックします。すると、ホットキーの確認と変更をすることができます。変更後は「OK」をクリックして下さい。

ホットキーの確認・変更

PicPickの使い方:画像編集・保存

本ソフトでは、撮影したキャプチャー画像がPicPickエディターに表示され、「ホーム」タブから各種編集を行うことができます。また、画像の保存や共有も可能です。

1.編集項目

PicPickエディターの「ホーム」タブでは、下記の編集項目を行うことができます。

  • イメージ:効果(色の反転、グレイスケール、モザイクなど)、リサイズ、回転(90度右回転、上下反転など)
  • ツール:移動、選択、描く、塗りつぶし、テキストボックス、スタンプ、シェイプ
  • サイズ
  • カラー

編集項目

2.画像の保存

撮影・編集したキャプチャー画像は、下記の手順で保存することができます。

<保存手順>

PicPickエディターの最上部にある保存アイコンをクリックし、「名前を付けて保存」で保存先とファイル名を指定して「保存」をクリックします。

保存手順

3.画像の共有

PicPickエディターの「共有」タブでは、下記の項目に画像を送ることができます。

  • Web投稿
  • クラウド
  • Facebook
  • Twitter
  • スカイプ
  • メール
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • FTP
  • 外部プログラム

画像の共有

PicPickのまとめ

編集もできる画面キャプチャーソフト「PicPick」を紹介しました。インストール後は使いやすいように言語を日本語にしましょう。ソフト画面はWordと同じで、「ファイル」タブが初期画面になっていて、そこからキャプチャーすることができます。キャプチャーは全部で8種類あり、それぞれにホットキーが設定されています。キャプチャー画像は回転やリサイズ、テキストボックスなど様々な編集が可能で、撮影・編集した画像はパソコンに保存や各SNSに投稿もできます。さらに、本ソフトには色んな便利機能が搭載されていますので、是非使ってみて下さい。

投稿者:

-キャプチャ, ユーティリティ

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.