「FastStone Capture」高機能キャプチャーソフト

投稿日:

 
faststone capture,使い方,ダウンロード
faststone capture,使い方,ダウンロード

FastStone Captureとは、シンプルで高機能なキャプチャーソフトです。使いやすいインターフェイスで、デスクトップの全画面や指定範囲、アクティブウィンドウ、スクロール画面などをキャプチャーすることができます。キャプチャーした画像は、専用のエディターで編集が可能で、文字や矢印などの注釈を追加することもできます。さらに、各種便利な機能を設定することも可能です。

FastStone Captureのダウンロード・インストール

下記URLにアクセスして下にスクロールし、「Download FastStone Capture 5.3」から圧縮ファイル「FSCaptureSetup53.zip」をダウンロードして解凍します。解凍したフォルダ内のインストーラーでインストールして下さい。

http://www.aplusfreeware.com/categories/mmedia/FastStoneCapture.html

ダウンロード・インストール

FastStone Captureの日本語化

本ソフトの言語は英語になっているので、使いやすいように日本語化します。手順は以下の通りです。

1.日本語化パッチのダウンロード

下記URLにアクセスして下にスクロールし、「○FastStone Capture」項目の「Ver5.3」から圧縮ファイル「FSC53_jp.zip」をダウンロードします。

http://hibiheion.seesaa.net/category/1140609-1.html

日本語化パッチのダウンロード

2.日本語化パッチの実行

ダウンロードした圧縮ファイルを「FSC53_jp」フォルダに解凍し、フォルダ内の「FSC53_jp.exe」をクリックして日本語化パッチを実行します。

※なお、日本語化パッチの実行手順は、「閉じる」→「はい」→「OK」→「閉じる」をクリックするだけです。

日本語化パッチの実行

FastStone Capture:キャプチャー手順

本ソフトを起動して表示されるメイン画面より、6種類ある内の1つのキャプチャー方法のアイコンをクリックします。さらに、フルスクリーンとアクティブウィンドウ以外はキャプチャーモードで範囲を指定します。すると、キャプチャー画像が専用エディター「FastStone Editor」に表示されます。

※下の動画はアクティブウィンドウのキャプチャーです。

キャプチャー手順

なお、キャプチャーの種類は以下の通りです。

(メイン画面の左から)

  • アクティブウィンドウ
  • ウィンドウ/オブジェクト
  • 矩形範囲
  • フリーハンド
  • フルスクリーン
  • スクロールウィンドウ

キャプチャーの種類

FastStone Capture:キャプチャー画像の編集・保存

キャプチャー画像が表示される専用エディター「FastStone Editor」では、キャプチャー画像の編集・文字や図形などの注釈の追加を行うことができます。また、キャプチャー画像・編集画像のファイル保存・印刷・メール送信を行うことも可能です。各手順は以下の通りです。

1.キャプチャー画像の編集

エディター画面では、メニューバーの「編集」から下記の編集を行うことができます。

  • 回転
  • リサイズ
  • キャンパスサイズ
  • キャンパスの拡大
  • 明るさ/コントラスト/ガンマ
  • 色彩/彩度/明度
  • RGBレベル
  • シャープ化/ぼかし

キャプチャー画像の編集

2.注釈の追加

エディター画面より、メニューアイコンの「ドロー」をクリックし、表示したドロー画面左のツールアイコンで文字や矢印などを描画し、最後に「OK」をクリックします。

注釈の追加

3.キャプチャー画像の保存・印刷・メール送信

エディター画面より、メニューアイコンの「保存」をクリックするとファイル保存を、「印刷」をクリックすると印刷を、「Email」をクリックするとメール送信を行うことができます。

キャプチャー画像の保存・印刷・メール送信

FastStone Capture:便利な機能

本ソフトの便利な機能とその設定方法を紹介します。

1.エフェクトの自動追加

影・トーン(ギザギザ加工)・透かしのエフェクトをキャプター時に自動で追加することができます。

<設定方法>

メイン画面より、右から2番目のアイコンをクリックして「エッジ/すかし」をクリックします。次に「エッジ/すかしの効果を自動で使用」をクリックしてチェックを入れ、「エフェクト」項目の「影のエッジ」「トーンのエッジ」「すかし画像」をそれぞれクリックしてチェックを入れます。なお、下のプレビューを確認しながら調整も可能です。最後に右下の「OK」をクリックします。

エフェクトの自動追加

2.キャプチャー画像の送り先変更

キャプチャー画像をエディター以外に送ることができます。

<設定方法>

メイン画面より、右から2番目のアイコンをクリックして送り先をクリックします。

キャプチャー画像の送り先変更

3.キャプチャー時の時間差

キャプチャーアイコンのクリックまたはキャプチャーモードで範囲の選択後、キャプチャーが実行されるまでの時間を指定することができます。

<設定方法>

メイン画面より、右から1番目のアイコンをクリックして「設定」をクリックします。次に「見出し」項目の「キャプチャ前の遅延」のプルダウンから秒数をクリックします。最後に右下の「OK」をクリックします。

キャプチャー時の時間差

4.マウスの追加

キャプチャー画像にマウスを含ませることができます。

<設定方法>

メイン画面より、右から2番目のアイコンをクリックして「マウスも含める」をクリックします。

マウスの追加

FastStone Captureのまとめ

高機能なキャプチャーソフト「FastStone Capture」を紹介しました。キャプチャー方法は全部で6種類もあり、キャプチャー画像は編集や注釈の追加が可能でファイル保存・印刷・メール送信を行うこともできます。また、エフェクトを自動で追加したり、キャプチャー画像をエディター以外に送ったり、キャプチャーの実行を遅らせたりと多くの便利な機能も搭載されています。是非、使ってみて下さい。

投稿者:

-キャプチャ, ユーティリティ

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.