「UniPDF」シンプルなUIのPDF変換ソフト

更新日:

 
UniPDF,変換,HTML
UniPDF,変換,HTML

UniPDFとは、PDFファイルをワード・画像ファイル・テキストファイル・HTMLに変換することができるPDF変換ソフトです。シンプルなユーザーインターフェイスにドラッグ操作で初心者の方でも簡単に使うことができます。さらに、変換範囲をページで指定することもできる他、変換時の設定を変更することもできる便利なソフトです。

UniPDFのダウンロード・インストール

下記URLより、インストーラーをダウンロードしてインストールして下さい。

http://unipdf.com/

ダウンロード・インストール

UniPDFの使い方:PDFファイルの変換手順

本ソフトでは、PDF形式のファイルをワード・画像・テキスト・HTMLのそれぞれの形式に変換することができます。手順は以下の通りです。

1.PDFファイルの追加

メイン画面の「ホーム」タブのファイル一覧に、変換するPDFファイルをドラッグ&ドロップします。すると、PDFファイルが追加されてメイン画面の「ホーム」タブのファイル一覧に表示されます。ファイル一覧の左下にある「+追加」からファイルを指定する追加方法も可能です。

PDFファイルの追加

2.変換形式の選択

メイン画面の「ホーム」タブの「形式を出力:」の項目で、変換形式のアイコンの左にある白い丸をクリックして選択します。クリックすると、白い丸に黒い丸のチェックが入ります。

変換形式の選択

3.変換範囲の指定

メイン画面の「ホーム」タブのファイル一覧より、範囲指定するファイルの欄の「選択したページ」の項目の「すべて」をクリックし、変換したいページのページ数を入力します。

例)3ページ目から6ページ目までを変換したい場合:3-6(半角英数字)

変換範囲の指定

4.変換の実行

メイン画面の「ホーム」タブの右下にある「変換」ボタンをクリックします。すると、変換が開始されて指定の保存先に保存されます。保存先(デフォルト設定)は、変換前のPDFファイルが保存されているフォルダになっていて、変更(設定変更方法は後述します)することもできます。

変換の実行

5.変換後のアクション

変換が完了すると「変換が完了しました。」画面が表示されるので、下記条件でそれぞれ完了して下さい。

  • 変換したファイルを開く場合:「すべてのファイルを開く」をクリックして選択して「開く」をクリック
  • 変換したファイルのフォルダを開く場合:「すべてのファイルパスを開く」をクリックして選択して「開く」をクリック
  • 開かない場合:「キャンセル」をクリック

変換後のアクション

UniPDFの使い方:設定の変更手順

本ソフトでは、保存に関する設定を変更することができます。

1.設定画面の表示

メイン画面より、画面左上の「設定」タブをクリックします。すると、設定画面が表示されます。ホームに戻る場合は、「ホーム」タブをクリックして下さい。

設定画面の表示

2.言語の変更

設定画面では、本ソフトの言語を変更することができます。

メイン画面の「設定」タブの「言語」の選択欄をクリックし、任意の言語をクリックして選択します。

言語の変更

3.保存先の変更

設定画面では、変換後のファイルの保存先を変更することができます。

メイン画面の「設定」タブの「パスを保存」で、下記の項目のいずれか1つをクリックして選択します。

  • 保存先:変換前のPDFファイルが保存されているフォルダに保存します。
  • デスクトップ:デスクトップに保存します。
  • カスタム:任意のフォルダに保存します。右の「選択」をクリックして指定します。

保存先の変更

4.ワード形式の変更

設定画面では、ワードに変換する際のWord形式を変更することができます。

メイン画面の「設定」タブの「Word形式」で、下記の形式項目のどちらかをクリックして選択します。

  • .rtf:リッチテキストファイル(ワード以外のソフトで読み書きが可能)
  • .doc:Word文章ファイル(ワード以外のソフトでの読み書きが不可)

ワード形式の変更

5.画像形式の変更

設定画面では、画像ファイルに変換する際の画像形式・解像度・色のビットを変更することができます。

メイン画面の「設定」タブの「画像形式」で、「.jpg」「.bmp」「.tif」「.png」「.gif」「.pcx」「.tga」のいずれか1つをクリックして選択します。また、「画像解像度」「色のビット」の選択欄をクリックして任意の数値をクリックして選択します。

画像形式の変更

6.設定の初期化

設定画面の右下にある「初期設定」をクリックすると、各設定が初期設定に戻ります。

設定の初期化

7.設定の保存

各設定の変更後、設定画面の右下にある「保存」をクリックします。すると、変更した設定が保存されます。

設定の保存

UniPDF(UniPDF)のまとめ

シンプルなユーザーインターフェイスのPDF変換ソフト「UniPDF」を紹介しました。ファイルを追加したら、変換後の形式を選択して「変換」ボタンをクリックするだけで簡単にPDFファイルを変換することができます。さらに、変換するページの指定や保存先・保存形式の設定も変更できる、とても使い勝手の良いソフトになっています。

投稿者:

-PDF変換, PDF編集, 文書・画像・HP関連
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.