Kodi 使い方:DLNAサーバー&クライアント対応

更新日:

 
dlna プレイヤー,Kodi,メディアプレイヤー
dlna プレイヤー,Kodi,メディアプレイヤー

Kodiとは、動画・音楽・画像など、あらゆるメディアファイルを再生することができるフリーソフトです。元はXBMCとして、マイクロソフト社のXboxでメディアファイルを再生できるソフトでしたが、バージョンアップとともに名称も変わりました。
公式サイト:KODI

Kodi:ダウンロード

公式サイト内、Kodiダウンロードページへ移動します。

kodi_2

さまざまなプラットフォームに対応していますので、所有しているパソコンの環境に合わせて《Installer》をクリックします。

※iOSやアンドロイドアプリにも対応しています。
iTunes Store:Official Kodi Remote
Google Store:Kore, Official Remote for Kodi

kodi_3

セットアップファイルがダウンロードされますので、クリックして起動させ、指示にしたがってインストールしてください。

Kodi:日本語化※DLNAサーバー

Kodiは海外のソフトですので、このまま使うと少し使いにくいというユーザーは、日本語表記にすることをお奨めします。

メニューから《SYSTEM > Settings》の手順でクリックして、システム画面を表示させます。

kodi_4

《Skin > Fonts》の手順でクリックしてフォント画面へ移動します。

kodi_5

フォント設定を《Arial based》に設定します。

kodi_6

システム画面に戻り《International > Language》の手順ですすみ、言語を《Japanese》に選択します。
同画面(インターナショナル)欄の、《文字セット》で《Japanese(Shift-JIS)》を選択します。

kodi_7
kodi_8

これで日本語表記になりますので、システム画面を閉じてください。

Kodi 使い方※メディア再生

では、Kodiの基本的な使い方を簡単にご説明します。Kodiを起動させてください。
メイン画面から再生したいファイルを選択します。ここでは動画ファイルを再生します。

《動画 > ファイル ビデオの追加》の手順でクリックします。

kodi_9
kodi_10
kodi_11

《参照》をクリックしてファイルを選択します。
※ファイルのパスを直接入力することも可能です。

kodi_12

画面右側からスライド式で画面が表示されますので、目的の動画が入ったフォルダを選択して《OK》をクリックします。

kodi_13

画面下部の【OK】をクリックします。

kodi_14

さらに画面下部の【OK】をクリックします。

kodi_15

選択したフォルダにカーソルを当てて右クリックして【再生】を選択すると、フォルダ内の動画ファイルが再生されます。
分割されて保存されている場合は、フォルダから再生すると良いでしょう。

kodi_16

また、ファイルを個別に再生したい時には、直接フォルダ内の動画ファイルを選択しましょう。
ファイルを選択して【ここから再生】をクリックすると…

kodi_17
kodi_18

選択した動画が全画面で再生されます。

KodiはDLNAクラアントとしても機能します。DLNAサーバーからメディアファイルを再生することも可能です。
またサーバーとしても機能しますので、他デバイスとの共有に便利です。

kodi_19

上記はPS4のメディアプレーヤーです。
ただし再生できる対応フォーマットは、各デバイスにより違いますのでご注意ください。

Kodi 使い方※クライアント機能

Kodiではクライアント機能として、DLNAやUPnPに対応している他のパソコン・デジタルTV・HDDレコーダー・ゲーム機・スマホ・タブレットなどでホームネットワークを介して再生・視聴することができます。以下にその接続手順を解説します。

1. UPnP設定

メイン画面より、歯車アイコン→「サービス」→「UPnP/DLNA」→「Enable UPnP support」→「ライブラリを共有」→「リモートUPnPプレーヤーを検出」→「UPnPを介したリモート制御を許可」をクリックします。次に、「コントロール」→「HTTPを介したリモートコントロールを許可」をクリックします。すると、下記の項目がオンになります。

<UPnP/DLNA>

  • ライブラリを共有
  • ライブラリの更新アナウンス
  • リモートUPnPプレーヤーを検出
  • UPnPを介したリモート制御を許可

<コントロール>

  • HTTPを介したリモートコントロールを許可

UPnP設定

2.新しい共有の参照

メイン画面より、「ムービー」→「+ ビデオの追加...」→「参照」をクリックします。すると、「新しい共有の参照」画面が表示されます。

新しい共有の参照

3.サーバーの種類の選択

「新しい共有の参照」画面より、「UPnPデバイス」をクリックします。すると使用可能なDLNAサーバーの一覧が表示されます。

サーバーの種類の選択

4. DLNAサーバーの選択

表示されたDLNAサーバー一覧より、接続するDLNAサーバー名をクリックして選択し、「OK」をクリックして完了です。

DLNAサーバーの選択

Kodi 使い方※サーバー機能

KodiはUPnPに対応しているため、サーバー機能も備えています。本ソフトがインストールされた他のパソコンやスマホ、タブレットのコンテンツを配信することができます。コンテンツを配信するには、クライアント機能同様にUPnP設定をオンにして、配信するコンテンツを登録する必要があります。以下に動画の場合の手順を解説します。「UPnP設定」は『Kodiの使い方(クライアント機能)』項目を参照して下さい。

1.ライブラリの設定

メイン画面より、歯車アイコン→「メディア」→「ライブラリ」をクリックし、「ビデオライブラリ」の「開始時にライブラリを更新」をクリックしてオンにします。

ライブラリの設定

2.コンテンツの登録

「設定/メディア」画面より、「ライブラリ」の「ソースの管理」の「ビデオ...」をクリックし、配信する動画を指定して完了です。

コンテンツの登録

Kodiの使い方(スマホ視聴方法)

Kodiのサーバー機能を使ってスマホからパソコン内の動画を視聴する方法を解説します。

1.事前準備

DLNAサーバーとなるパソコンとスマホを同一のWi-Fiに接続します。次に、パソコンでKodiを起動しておきます。

2.アプリのインストール

今回は、「VLC」という高性能メディアプレーヤーアプリを使用します。下記リンクより、アプリをインストールして下さい。

App Store / Google Play

アプリのインストール

3.スマホの操作

アプリを起動し、画面左上のアイコンをタップして「ネットワーク」の「ローカルネットワーク」をタップし、表示されたネットワーク一覧から「Kodi」をタップします。次に「Video Library」→「ファイル」→ファイル名をタップします。すると、ファイル一覧が表示されるので、視聴する動画のファイル名をタップして完了です。

スマホの操作

Kodi:まとめ※DLNAサーバー

DLNAサーバー&クライアント対応ソフト「Kodi」を紹介しました。DLNA(Digital Living Network Alliance)は異なるメーカーの機器同士に互換性を持たせ、動画や画像、音楽などのコンテンツを配信(サーバー機能)することや再生・視聴(クライアント機能)することができます。また、Windowsの他にMacやLinuxでも使えるので是非、お試し下さい。

KODIのバージョン・リリース・サポートについてはこちら
Kodiは、XBMC / Kodi Foundation(developed by the XBMC/Kodi Foundation)によって開発されたフリーでオープンソースのmedia player applicationです。
Android and Linux and Mac OS X and iOS and Windowsオペレーティングシステム用のネイティブアプリケーションとして利用可能です。一般的なプロセッサアーキテクチャ上で動作が可能です。

投稿者:

-動画プレイヤー, 音楽・動画関連
-, , ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.