Google XML Sitemapsでサイトマップを自動で生成・通知

投稿日:

 
Google XML Sitemaps,サイトマップ,自動生成
Google XML Sitemaps,サイトマップ,自動生成

サイトを検索エンジンに認識してもらうためには、サイトマップを作成・通知する必要があります。しかし、サイトを更新する度に毎回手動で行うのは手間がかかります。そこで便利なのが今回紹介する「Google XML Sitemaps」です。サイトマップを自動で生成してクローラーに通知する便利なWordPressプラグインになります。

Google XML Sitemaps:インストールと有効化

Google XML Sitemapsを使えるようにするには、プラグインのインストールと有効化を行います。

1.プラグインのインストール手順

管理画面より「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。表示された「プラグインの追加」画面の右上にある「検索ボックス」に「Google XML Sitemaps」を入力すると、一番上の左に「Google XML Sitemaps」欄があります。「Google XML Sitemaps」欄の右上にある「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。すでにインストールされている場合は「有効化」が表示されます。

プラグインのインストール手順

2.プラグインの有効化手順

インストールが完了すると、「今すぐインストール」が「有効化」に変わります。その「有効化」をクリックして完了です。

プラグインの有効化手順

Google XML Sitemaps:基本設定

プラグインをインストールして有効化したら、プラグインの設定画面より各種設定を行います。

1.設定画面

管理画面のメニューより、「設定」→「XML-Sitemap」をクリックすると、プラグインの設定画面が表示されます。

設定画面

2.設定の保存

基本設定では、「通知設定」「コンテンツ設定」「更新頻度設定」「優先順位設定」の4つの設定を行います。各設定を変更したら、画面下部にある「設定を更新」をクリックして設定を保存して下さい。

設定の保存

3.通知設定

GoogleとBingへの通知の設定とサイトマップの正確な場所を検索エンジンに伝える設定を行います

設定画面の「基本的な設定」項目の「通知を更新」欄の3つの項目にチェックを入れます。

通知設定

4.コンテンツ設定

サイトマップに載せるコンテンツの設定を行います。

設定画面の「Sitemap コンテンツ」項目より、下記の4項目にチェックを入れます。

  • 「WordPress標準コンテンツ」欄の「ホームページ」
  • 「WordPress標準コンテンツ」欄の「投稿(個別記事)を含める」
  • 「WordPress標準コンテンツ」欄の「カテゴリーページを含める」
  • 「詳細なオプション」欄の「最終更新時刻を含める」

コンテンツ設定

5.更新頻度設定

コンテンツの予想更新頻度より、検索エンジンにサイトマップを通知する頻度の設定を行います。

設定画面の「Change Frequencies」項目の左のプルダウンメニューより、「常時」「毎時」「毎日」「毎週」「毎月」「毎年」「更新なし」の中から選択し、下記項目のように指定します。

  • ホームページ:毎日
  • 投稿(個別記事):毎週
  • カテゴリー別:毎週
  • 古いアーカイブ:毎年
  • それ以外の項目:更新なし

更新頻度設定

6.優先順位設定

サイト内のページごとの優先順位の設定を行います。

設定画面の「投稿の優先順位」項目より、「優先順位を自動的に計算しない」を選択します。

優先順位設定①

次に、「優先順位の設定」項目の左のプルダウンメニューより、ほとんど重要でない「0.1」から重要である「1」までの範囲で、下記項目のように指定します。

  • ホームページ:0.8
  • 投稿 (個別記事) ("基本的な設定"で自動計算に設定していない場合に有効):0.8
  • 投稿優先度の最小値 ("基本的な設定"で自動計算に設定している場合に有効):0.8
  • カテゴリー別:0.8
  • それ以外の項目:0.0

優先順位設定②

Google XML Sitemaps:詳細設定

Google XML Sitemapsでは、さらに細かい設定を行うこともできます。基本的にはデフォルトのままで大丈夫です。

1.高度な設定

設定画面の「基本的な設定」項目の「高度な設定」欄より、サイトマップを生成する際のメモリ制御の設定などの詳細設定を行います。

高度な設定

2.追加ページの設定

設定画面の「Additional Pages」項目の「新しいページの追加」より、サイトマップに手動でページURLを追加することができます。

追加ページの設定

3.非掲載コンテンツの設定

設定画面の「Excluded Items」項目より、サイトマップに載せたくないカテゴリーや投稿ページを指定することができます。

非掲載コンテンツの設定

Google XML Sitemapsのまとめ

サイトマップを自動で生成・通知するWordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」を紹介しました。プラグインをインストールして有効化したら、「通知設定」「コンテンツ設定」「更新頻度設定」「優先順位設定」の4つの設定を行うだけです。設定方法もチェックボックスやプルダウンメニューからの選択だけなので簡単です。SEO対策としても有効なので是非、使ってみて下さい。

投稿者:

-サイトマップ, プラグイン
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2018 All Rights Reserved.