「CD Manipulator」CDバックアップソフト

更新日:

 
CD Manipulator,ライティング,リッピング
CD Manipulator,ライティング,リッピング

CD Manipulatorとは、Windows OS対応のCDのリッピング・ライティングソフトです。CDからイメージファイルを作成すること、イメージファイルをCDに書き込むこと、CDからCDにコピーすること、CDをトラック単位で読み込むこと、ファイルやフォルダからイメージファイルを作成することができます。なお本ソフトは、インストール不要で利用することができます。

CD Manipulatorのダウンロード

本ソフトは、圧縮ファイルをダウンロードし、解凍したフォルダ内のアプリケーションから起動することができます。ダウンロード先と起動方法は以下の通りです。

1.ダウンロード先

下記URLより、圧縮ファイル「cdm270.zip」をダウンロードします。

http://www.storeroom.info/cdm/

 

ダウンロード先

2.起動方法

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、フォルダ内にある「CdManipulator.exe」をダブルクリックします。初回起動時のみ、「Language」画面が表示されるので、「日本語(コピ厨使用)」または「日本語」をクリックして選択して「OK」をクリックします。すると、本ソフトが起動し、メイン画面とTOC画面が表示されます。

起動方法

CD Manipulatorの使い方

本ソフトではメイン画面のアイコンから、主に以下の5つの操作を行うことができます。なお、すべての操作は処理完了後、「終了しました。」というメッセージの「確認」画面が表示されるので、「OK」をクリックして下さい。

1.CDからイメージファイル作成

下記の手順で、CDデータからCUE+IMG形式のイメージファイルを作成することができます

  1. イメージファイルを作成するCDをドライブに挿入
  2. メイン画面で「CD→イメージファイル」アイコンをクリック
  3. 「CDイメージ作成」画面で「選択中のドライブ」のプルダウンからCDを挿入したドライブをクリックして選択
  4. 「CDイメージ作成」画面で「イメージファイル」の「検索」をクリック
  5. 「名前を付けて保存」画面でファイル名と保存先を指定して「保存」をクリック
  6. 「CDイメージ作成」画面で画面右下の「OK」をクリック

CDからイメージファイル作成

以上でCDからイメージファイルの作成が開始されます。

なお、「データトラックの読み込み速度」「音楽トラックの読み込み速度」は任意で変更可能です。

CDからイメージファイル作成の詳細設定

2.イメージファイルのCDへの書き込み

下記の手順で、ISO、CUE+IMG、BIN+CUE、CCD+IMG+SUBなどのイメージファイルをCDに書き込むことができます。

  1. 空のCD-Rをドライブに挿入
  2. メイン画面で「イメージファイル→CD」アイコンをクリック
  3. 「CDへ書き込む」画面で「選択中のドライブ」のプルダウンからCD-Rを挿入したドライブをクリックして選択
  4. 「CDへ書き込む」画面で「書き込むCue-Sheet」の「検索」をクリック
  5. 「ファイルを開く」画面で書き込むイメージファイルを指定して「開く」をクリック
  6. 「CDへ書き込む」画面で画面右下の「OK」をクリック

イメージファイルのCDへの書き込み

以上でイメージファイルのCDへの書き込みが開始されます。

なお、「書き込み速度」「高度な設定」は任意で変更可能です。

イメージファイルのCDへの書き込みの詳細設定

3.CDからCDへのコピー

下記2工程の手順で、CDからイメージファイルを作成し、そのまま空のCD-Rに書き込んで、音楽CDを複製することができます。

<手順①:CDデータの読み込み>

  1. コピーする元CDをドライブに挿入
  2. メイン画面で「CD→CD」アイコンをクリック
  3. 「CDイメージ作成」画面で「選択中のドライブ」のプルダウンから元CDを挿入したドライブをクリックして選択
  4. 「CDイメージ作成」画面で「イメージファイル」の「検索」をクリック
  5. 「名前を付けて保存」画面でファイル名と保存先を指定して「保存」をクリック
  6. 「CDイメージ作成」画面で画面右下の「OK」をクリック

CDからCDへのコピー<手順1>

以上でCDデータの読み込みが開始されます。完了すると、「CDへ書き込む」画面が自動で表示されます。【手順②:CDへの書き込み】に移行して下さい

なお、音楽CD以外の場合は「シングルセッションモード」を「マルチセッションモード」に変更し、コピーコントロールCDの場合は「高度な設定」をクリックして選択し、「正しいTOCの取得」「エラーの無視」をクリックして選択して下さい。

CDからCDへのコピー<手順1>詳細設定

<手順②:CDへの書き込み>

  1. 元CDを取り外し、空のCD-Rを挿入
  2. 「CDへ書き込む」画面で画面右下の「OK」をクリック

CDからCDへのコピー<手順2>

以上でCDへの書き込みが開始されます。完了までには数分かかります。

なお、「書き込み速度」「高度な設定」は任意で変更可能です。

CDからCDへのコピー<手順2>詳細設定

4.CDのトラック単位の読み込み

下記の手順で、CDから特定のトラックを読み込むことができます。

  1. 読み込むCDをドライブに挿入
  2. メイン画面で一番左下のアイコン→「OK」をクリック
  3. 「TOC」画面でトラックをクリックして選択※複数選択する場合は「Ctrl」キーを押しながらクリック
  4. メイン画面で一番左下のアイコンをクリック
  5. 「トラック読み込み」画面で「ファイル名」の「検索」をクリック
  6. 「名前を付けて保存」画面でファイル名と保存先を指定して「保存」をクリック
  7. 「トラック読み込み」画面で画面右下の「OK」をクリック

CDのトラック単位の読み込み

以上でトラックの読み込みが開始されます。

5.ファイルからイメージファイル作成

下記の手順で、ファイルからイメージファイルを作成することができます。また、CDに書き込むことも可能です。

  1. メイン画面で「ファイル→CD」アイコンをクリック
  2. 「CDマスタリング」画面で「ファイル名」「種類」「サイズ」「日付」の下の白いエリアにファイルまたはフォルダをドラッグ&ドロップ
  3. 「CDマスタリング」画面で「イメージの作成」をクリック
  4. 「名前を付けて保存」画面でファイル名と保存先を指定して「保存」をクリック

ファイルからイメージファイル作成

以上でファイルからイメージファイルの作成が開始されます。

なお、CDに書き込む場合は手順3で「CDへの書き込み」をクリックして下さい。

ファイルからCDへの書き込み

CD Manipulatorのまとめ

Cs OS対応のCDのリッピング・ライティングソフトです。CDからイメージファイルを作成すること、イメージファイルをCDに書き込むこと、CDからCDにコピーすること、CDをトラック単位で読み込むこと、ファイルやフォルダからイメージファイルを作成することができます。なお本ソフトは、インストール不要で利用することができます。Dのリッピングやライティングができるフリーソフト「CD Manipulator」を紹介しました。全ての操作はメイン画面のアイコンから可能なので、初心者の方でも簡単に使うことができます。また、各処理では読み込み速度や書き込み速度、高度な設定などを設定可能なので上級者にも最適です。是非、使ってみて下さい。

投稿者:

-バックアップ, ユーティリティ

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.