「Foxit Reader」高速起動のPDFリーダー

更新日:

 
Foxit Reader,PDFリーダー,FoxitJapan
Foxit Reader,PDFリーダー,FoxitJapan

foxit readerとは、『株式会社FoxitJapan』が提供する無料のPDFリーダーです。本ソフトでは、PDFファイルの表示はもちろん、表示しているPDFファイルのプロパティの表示、新規作成や他形式のファイルから作成することもできます。また、文字や画像、動画を挿入するドローイング機能や指定の範囲をコピーするスナップショット機能を使うこともできます。

ダウンロード・インストール

下記リンクより、インストーラーをダウンロードしてインストールして下さい。

ベクターのダウンロードページ

ダウンロード・インストール

PDFファイルの表示

PDFファイルの表示方法を解説します。本ソフトでは、複数のPDFファイルをタブ形式にて同時に表示することができます。また、表示しているPDFファイルのプロパティを表示することもできます。

1.表示手順

メイン画面のメニューバーより、「ファイル」→「コンピューター」→「参照」をクリックし、「開く」ダイアログからPDFファイルを指定して「開く」をクリックします。すると、メイン画面の「ホーム」に表示されます。

表示手順

2.プロパティの表示

メイン画面のメニューバーより、「ファイル」→「プロパティ」をクリックします。すると、下記項目のプロパティ情報が表示されます。

  • 概要:ファイル名・PDFバージョン・サイズ・ページ数・タイトル・作者など
  • セキュリティ:セキュリティ方法・制限の概要
  • フォント:使用しているフォント情報
  • 詳細情報:印刷設定のプリセット・読み上げオプション

プロパティの表示

PDFファイルの作成

PDFファイルの作成方法を解説します。本ソフトでは、「空白ページ」「ファイルから」「スキャナーから」「クリップボードから」より選択してPDFファイルを作成することができます。なお、作成後は必ず、PDFファイルを保存して下さい。

1.作成手順

メイン画面のメニューバーより、「ファイル」→「作成」をクリックします。すると、作成方法の選択画面が表示されます。

作成手順

2.空白ページ

作成方法の選択画面より、「空白ページ」をクリックして右横にある「空白ページ」ボタンをクリックします。すると、メイン画面の「ホーム」にPDFファイル「名称未設定」が表示されます。

空白ページ

3.ファイルから

作成方法の選択画面より、「ファイルから」をクリックして右横にある「ファイルから」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログからファイルを指定して「開く」をクリックします。すると、メイン画面の「ホーム」に変換したPDFファイルが表示されます。

ファイルから

4.スキャナーから

作成方法の選択画面より、「スキャナーから」をクリックして右横にある「スキャナーから」ボタンをクリックし、「スキャン」ダイアログからスキャナーを選択して「スキャン」をクリックします。すると、メイン画面の「ホーム」にスキャンデータのPDFファイルが表示されます。

スキャナーから

4.クリップボードから

作成方法の選択画面より、「クリップボードから」をクリックして右横にある「クリップボードから」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログからファイルを指定して「開く」をクリックします。すると、メイン画面の「ホーム」にコピーデータのPDFファイルが表示されます。

クリップボードから

5.保存手順

メイン画面のメニューバーより、「ファイル」→「名前を付けて保存」→「コンピューター」→「参照」をクリックし、「名前を付けて保存」ダイアログから保存先を指定して「保存」をクリックします。すると、PDFファイルが保存されます。

保存手順

PDFファイルの編集

PDFファイルの編集方法を解説します。本ソフトでは、ツールを使って簡単な編集を行うことができます。なお、編集後は必ず、上書き保存して下さい。また、指定の範囲をコピーすることができる「スナップショット」機能を使うこともできます。

1.編集ツール

メイン画面のメニューバーより、「注釈」をクリックします。すると、各編集ツールが表示されます。

編集ツール

2.上書き保存

メイン画面のメニューバーより、「ファイル」→「上書き保存」をクリックします。すると、編集したPDFファイルが上書き保存されます。

上書き保存

3.スナップショット機能

メイン画面のメニューバーより、「ホーム」→「スナップショット」をクリックし、十字マークに変化したカーソルで範囲を指定します。すると、指定範囲がクリップボードにコピーされます。コピーされると、「選択した領域はクリップボードにコピーされました。」というメッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。この時、「今後、このメッセージを表示しない」にチェックを入れると、次回以降は表示しません。

スナップショット機能

foxit readerのまとめ

作成や編集までできるPDFリーダーソフト「Foxit Reader」を紹介しました。本ソフトは、タブ形式による複数表示が可能で、タイトルや作者、セキュリティ情報やフォント情報などPDFファイルのプロパティも表示することができます。さらに、編集ツールを使ったドローイング機能や指定範囲のコピーができるスナップショット機能などを備えていて、とても便利なフリーソフトです。
対応環境:64bit版を含むWindows 7・8・8.1・10
Windows 10 での動作状況について

投稿者:

-PDF変換, PDF編集, PDF閲覧, 文書・画像・HP関連
-, ,

Copyright© FreesoftConcierge , 2019 All Rights Reserved.